4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
4K・8K関連銘柄, テーマ株, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年10月02日(火)投稿】

※このページは2018/10/03(水)に追記・更新しました。

4Kテレビのイメージ画像

現在、家電量販店などへ足を運ぶとこれでもかと言わんばかりに、4K・8K対応TVが陳列されているため、すでに4K・8K対応TVを所有している方も多いのではないだろうか。

政府としては東京オリンピックが開催される2020年には多くの視聴者が4K・8K衛生放送を楽しんでいることを目標に掲げ、いよいよ2018年12月01日に4K・8K放送が開始されるようだ。

2011年にはアナログ放送から地デジ放送へと完全シフトし、その前後で「地デジ関連銘柄」が注目されたのは記憶に新しいが、今回の4K・8Kへのシフトもそれと同様の特需が発生する可能性がある。いや、今回は消費税増税も迫り、また東京オリンピック開催も控えているためTVの買い替え需要はより大きなものとなるかもしれない。

そろそろ株式市場でも4K・8K関連銘柄が注目される可能性は十分にありえそうだ。と、いうことで当ページでは4K・8K関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧を詳しくわかりやすくまとめておく。

4K・8K関連銘柄とは

4K・8K関連銘柄とは、その名の通り2018年12月に開始される4K・8K衛星放送に関連する銘柄の総称である。

そもそも4K・8Kとはなにかという点も一応、説明しておこう。

4K・8Kとは現行のTV映像規格(フルハイビジョン)を超える次世代映像規格のことだ。Kはキロ、つまり1000のことなので4Kは水平方向に4000画素、画面上の画素数は829万画素。8Kは8000画素で3318万画素。これらは4Kで現行のフルハイビジョンの4倍、8Kで現行のフルハイビジョンの16倍の画素数となる。まぁ平たくいって超映像がキレイになるというわけだ。

もちろん4K・8K対応TVを手掛けるTVメーカーも関連銘柄として注目だが、それ以外にも4K・8K対応チューナーを手掛ける銘柄など周辺機器を手掛ける銘柄にも注目だ。

と、いうのも現在、家電量販店で販売されている4K・8KTVはあくまで「4K・8K対応」をうたったもので、4K・8K衛星放送を受信する機能は搭載されていないのだ。4K・8K衛星放送を受信するには別途チューナーが必要である。つまり、4K・8K対応チューナーを手掛ける企業にとっては大きなビジネスチャンスとなりそうだ。

またその他4K・8KTVの周辺機器やTV局の設備・工事に関連する銘柄などにも注目が集まりそうだ。4K・8K関連銘柄とはこれらをひっくるめた総称といえるだろう。

4K・8K関連銘柄 一覧

  • 6752    パナソニック      4K・8K対応TV 対応チューナー
  • 6753    シャープ        4K・8K対応TV 対応チューナー
  • 6758    ソニー         4K・8K対応TV 対応チューナー
  • 6839    船井電機        4K・8K対応TV
  • 6731    ピクセラ        4K・8K対応チューナー
  • 6916    アイ・オー・データ機器 4K・8K対応チューナー
  • 4241    アテクト        スペーサーテープ
  • 6771    池上通信機       放送局向けに4K・8K対応カメラを発売
  • 6769    ザインエレクトロニクス 高速インターフェース技術「V-by-One HS」
  • 6941    山一電機        高速伝送コネクタ
  • 4217    日立化成        量子ドットフィルム
  • 6659    メディアリンクス    IPビデオルータシステム
  • 1724    シンクレイヤ      ケーブルテレビ局の伝送路システム工事など
  • 5983    イワブチ        TV局の関連工事など
  • 6930    日本アンテナ      TV局の関連工事など
  • 1400    ルーデンHD      子会社が映像編集加工ソリューションを提供
  • 3787    テクノマセマティカル  4K/60fps 高画質・低遅延画像伝送装置
  • 6867    リーダー電子      4K・8K対応の電波関連製品
  • 6875    メガチップス      4K・8K対応の電波関連製品
  • 7587    PALTEK      4K・8K映像対応 小型マルチチャネルテスト信号発生器

4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは4K・8K関連銘柄の中でも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば今後追記するつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

4K・8K関連銘柄 本命株 パナソニック

パナソニックのチャート画像

時価総額:3,364,363百万円
PER:(連) 12.80倍
PBR:(連) 1.82倍
≪2018/10/02時点≫

4K・8K関連銘柄の中核銘柄といえば、やはりパナソニックだろう。パナソニックは「ビエラ」シリーズのTVを手掛けており、当然4K・8K対応機種を絶賛販売中だ。また、4K・8Kチューナーも販売しているし、今後は4K・8Kチューナー内蔵モデルもぞくぞくと販売してくるだろう。パナソニックは時価総額規模の大きい大企業ゆえ、4K・8K関連銘柄として爆発的な急騰を見込めるわけではないが、やはり中核銘柄として注目せざるを得ない。

パナソニック同様に、4K・8Kテレビを手掛けるソニー・シャープ・船井電機などにも注目だ。なかでも船井電機は他のTVメーカーに比べて時価総額規模が小粒なので値動き的には面白いかもしれない。

4K・8K関連銘柄 本命株 ピクセラ

ピクセラのチャート画像

時価総額:6,901百万円
PER:(連) 467.86倍
PBR:(連) 2.92倍
≪2018/10/02時点≫

ピクセラは4K・8K関連銘柄の本命株として注目しておきたい。ピクセラはPC向けチューナーや回線事業者向けチューナ-を手掛ける銘柄で、4K・8K対応チューナーも手掛けている。

前述の通り、現在販売されている4K・8K対応テレビのほとんどは「4K・8K対応」というだけで、そのままで4K・8K衛生放送を受信できるわけではなく、チューナーが必要だ。現在販売されている4K・8K対応テレビでチューナーが必要だということはあまり知られていないらしく、今後はチューナーの販売合戦が過熱そうだ。つまり、4K・8K対応チューナーを手掛けるピクセラにとっては大きなビジネスチャンスである。

加えてピクセラは時価総額規模が小粒で値動きが軽い点にも注目だ。人気化すれば火柱が立つ可能性もあるが、現状でPERに過熱感がある点には注意したい。

いずれにせよピクセラは4K・8K関連銘柄としては本命株といって良さそうだ。

4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株 アイ・オー・データ機器

アイ・オー・データ機器のチャート画像

時価総額:20,731百万円
PER:(連) 11.54倍
PBR:(連) 0.75倍
≪2018/10/02時点≫

PC周辺機器を手掛けるアイ・オー・データ機器も4K・8K関連銘柄の本命株として注目したい。アイ・オー・データ機器も4K・8K対応のチューナーを手掛けており、その他テレビ周りの機器も手掛けているため、買い替え需要は大きそうだ。

アイ・オー・データ機器はピクセラよりも時価総額規模は大きいが、値動きが重いというほどでもない。こちらも4K・8K関連銘柄の本命株・出遅れ株として注目しておきたい。

4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株 アテクト

アテクトのチャート画像

時価総額:5,546百万円
PER:(連) 46.04倍
PBR:(連) 3.69倍
≪2018/10/02時点≫

アテクトも4K・8K関連銘柄の一角として注目したい。アテクトは半導体保護資材で世界首位の企業だが、4K・8K関連銘柄としてはスペーサーテープを手掛けている点に注目したい。

スペーサーテープとは薄型テレビなどで使われるもので、静電気の影響を防ぐテープのことだ。4Kテレビの場合、現行のフルハイビジョンテレビに比べ2.7倍の量のスペーサーテープを使用するとのこと。4K・8K衛星放送が始まり、対応テレビが普及することでアテクトは大きなビジネスチャンスを得る公算が高い。

アテクトは時価総額規模が小粒で値動きが軽い点に注目。人気化すれば妙味がありそうな銘柄といえるだろう。アテクトは4K・8K関連の本命株・出遅れ株として注目しておきたい。

4K・8K関連銘柄 本命株 ザインエレクトロニクス

ザインエレクトロニクスのチャート画像

時価総額:14,660百万円
PER:(連) 332.77倍
PBR:(連) 1.52倍
≪2018/10/02時点≫

自動運転関連銘柄としても注目のザインエレクトロニクスは4K・8K関連銘柄としても注目だ。

ザインエレクトロニクスは高速インターフェース技術「V-by-One HS」を手掛けており、この技術は既存の4Kテレビにおいて事実上の世界標準とされているようだ。また、2018年9月には8K向けの次世代高速インターフェース「V-by-One US」搭載LSI評価サンプルの出荷開始を発表してもいる。

こちらも4K・8K関連銘柄の本命株と言えるだろう。ザインエレクトロニクスは、それほど時価総額規模も大きくなく、十分値動きに期待できる点も面白い。

4K・8K関連銘柄 本命株 山一電機

山一電機のチャート画像

時価総額:36,324百万円
PER:(連) 11.32倍
PBR:(連) 1.59倍
≪2018/10/02時点≫

山一電機も4K・8K関連銘柄の一角として注目しておきたい。山一電機は、前述の「ザインエレクトロニクス」の技術「V-by-One US」使用に準拠した高速伝送コネクタを手掛ける銘柄。こちらも4K・8K関連銘柄の本命株として市場に注目される可能性がある。

山一電機の時価総額規模は小粒とはいえないまでも値動きが重いというわけではないので中期スタンスくらいでも面白そうだ。

4K・8K関連銘柄 本命株 シンクレイヤ

シンクレイヤのチャート画像

時価総額:2,993百万円
PER:—倍
PBR:(連) 1.49倍
≪2018/10/02時点≫

シンクレイヤはケーブルテレビ事業者向けのシステム構築を手掛ける銘柄。こちらも4K・8K関連銘柄として注目しておきたい。

ケーブルテレビ局では「FTTH」という光ファイバーのみで構成された伝送路システムへの更改需要が出てきているようでシンクレイヤではこの工事受注による恩恵を受けそうだ。

シンクレイヤは時価総額規模が非常に小粒なため、値動き妙味の観点で4K・8K関連銘柄の本命株として注目だ。

4K・8K関連銘柄 本命株 メディアリンクス

メディアリンクスのチャート画像

時価総額:2,213百万円
PER:(連) 36.65倍
PBR:(連) 1.12倍
≪2018/10/02時点≫

メディアリンクスは放送や通信系機器の開発や販売を手掛けるファブレスメーカー。こちらも4K・8K関連銘柄として注目だ。

メディアリンクスは2018年春に名古屋の東海テレビ放送に放送局内素材交換システムであるIPビデオルータシステムを納入している実績がある。今後も放送局向けにこういった需要があるならば面白そうだ。

メディアリンクスも非常に時価総額規模が小粒な銘柄なので、値動き妙味の観点では4K・8K関連銘柄の本命株といえるかもしれない。注目しておきたい4K・8K関連銘柄だ。

4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株 イワブチ

イワブチのチャート画像

時価総額:6,204百万円
PER:(連) 29.41倍
PBR:(連) 0.39倍
≪2018/10/02時点≫

イワブチは4K・8K関連銘柄の出遅れ株として注目だ。イワブチは電力架線用金具で首位の企業で、ケーブルテレビや情報通信関連分野にも進出している。イワブチも4K・8K関連の設備関連工事での需要が期待できる銘柄。

イワブチも時価総額規模が小粒なので値動きは軽い。4K・8K関連銘柄のダークホースとして注目するのも面白そうだ。

4K・8K関連銘柄 本命株 日本アンテナ

日本アンテナのチャート画像

時価総額:10,954百万円
PER:(連) 59.89倍
PBR:(連) 0.49倍
≪2018/10/02時点≫

日本アンテナは通信用・放送用アンテナの製造販売大手企業。こちらも4K・8K衛生放送の開始にともない4K・8K対応の設備関連工事で需要のありそうな銘柄。こちらも時価総額規模は小さめ。値動き妙味の観点からも注目したい4K・8K関連銘柄だ。

4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株 ルーデン・ホールディングス

ルーデン・ホールディングスのチャート画像

時価総額:7,963百万円
PER:(連) 28.90倍
PBR:(連) 3.19倍
≪2018/10/02時点≫

ルーデン・ホールディングスはマンションの室内コーティングが主力の銘柄で不動産事業なども展開する企業だが、子会社が映像編集加工ソリューションを提供している点に注目したい。こちらも時価総額規模は小さめで値動き妙味アリ。4K・8K関連銘柄の出遅れ株として注目だ。

4K・8K関連銘柄 本命株 テクノマセマティカル

テクノマセマティカルのチャート画像

時価総額:3,350百万円
PER:(単) 159.51倍
PBR:(単) 1.29倍
≪2018/10/02時点≫

テクノマセマティカルは4K画像を高画質・低遅延で伝送する「4K/60fps 高画質・低遅延画像伝送装置」を手掛けている点に注目。こちらも4K・8K衛星放送の開始でビジネスチャンスを得る銘柄の一角と言えるだろう。

テクノマセマティカルも時価総額規模は小粒で値動きも軽いが、PERがやや過熱気味な点には注意したい。

4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株 池上通信機

池上通信機のチャート画像

時価総額:9,938百万円
PER:(連) 14.86倍
PBR:(連) 0.76倍
≪2018/10/02時点≫

池上通信機は4K・8K関連銘柄の本命株として注目したい。池上通信機は放送機器・システムの中堅で業務用のカメラなどを手掛けており、放送局向けに4K・8K対応カメラを販売している。こちらも4K・8K衛星放送の開始でビジネスチャンスを得る銘柄といえるだろう。

池上通信機も時価総額規模はそこまで大きくない。4K・8K関連銘柄の本命・出遅れ株として注目だ。

4K・8K関連銘柄 出遅れ株 リーダー電子

リーダー電子のチャート画像

時価総額:2,586百万円
PER:(連) 14.53倍
PBR:(連) 0.75倍
≪2018/10/02時点≫

リーダー電子も4K・8K関連銘柄の一角として注目しておきたい銘柄だ。

リーダー電子は電気計測器の中堅メーカーで放送関連に強みを持つ企業。こちらも4K・8K放送に対応した電波関連製品を取り扱っているため、4K・8K衛星放送開始で恩恵を受けそうな銘柄と言える。

リーダー電子は時価総額規模も小さく値動きも軽い。加えてPER、PBRも現状ではそこまで過熱感がない点も面白い。PBRに関しては現状では1倍以下な点も注目。4K・8K関連銘柄の出遅れ株として注目だ。

【2018年10月03日(水)投稿】

4K・8K関連銘柄 本命株 メガチップス

メガチップスのチャート画像

時価総額:53,772百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 1.71倍
≪2018/10/02時点≫

メガチップスも4K・8K関連銘柄の一角として注目しておきたい。メガチップスはカスタムLSI、システムが主力のファブレスメーカーで、任天堂向けが主体なことから任天堂関連銘柄としても注目の銘柄だ。

メガチップスは4Kなど高解像度パネルの各種ビデオインターフェースに対応した製品を開発・販売している点から4K・8K関連銘柄の一角として注目される。

メガチップスの時価総額規模はそれほど小粒というわけではないが、値動きが重いというほどでもないだろう。注目しておきたい4K・8K関連銘柄だ。

4K・8K関連銘柄 本命株・出遅れ株 PALTEK

PALTEKのチャート画像

時価総額:8,378百万円
PER:(連) 25.81倍
PBR:(連) 0.82倍
≪2018/10/02時点≫

PALTEKも4K・8K関連銘柄の出遅れ株として注目だ。PALTEKは2018年9月に子会社「エクスプローラ」が不安定な伝送路においても映像データを伝送できる秘匿性の高い4K対応 H.265/HEVCコーデックシステムを開発したと発表している点に注目。

PALTEKは時価総額規模も小さく値動きも軽い。PBRが現状で1倍以下という点も面白い。4K・8K関連銘柄の出遅れ株として注目しておきたい。

4K・8K関連銘柄 まとめ

2011年にアナログ放送から地デジ放送へとシフトした時にも関連銘柄が注目されたように、今回4K・8K衛生放送開始にともない関連銘柄は注目される可能性が高い。加えて、消費税の増税や東京オリンピックの開催など、TV環境の買い替え需要は高まりつつある。今後、さらに4K・8K関連銘柄は注目される可能性があるといえる。

4K・8K関連銘柄の本命株・出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

それもそのはず。今の株式市場はまさに「テーマ株相場」だ。

某証券会社にも「人気テーマ」というページが加わったし、他にもテーマ株をまとめている株メディアは無数にある。

ここ最近の急騰銘柄をみても、人工知能(AI)関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかりである。

確かに今の相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。

だが、現実的に次にきそうなテーマ株を先取りするのは至難のワザ。当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りする方法は「優秀な株サイト」を上手に活用することだと思っている。

株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。テーマ株に焦点をあてるなら絶対にここはみておくべき。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。

仮想通貨関連 シーズメン   :6日連続ストップ高 株価3.56倍
仮想通貨関連 やまねメディカル:6日連続ストップ高 株価3.80倍
ブロックチェーン関連 パス  :推奨翌日ストップ高 株価2.77倍
仮想通貨関連 AppBank :株価2.29倍
IoT関連 アイビーシー   :株価1.97倍
クラウド関連 駅探      :株価2.38倍

などなど、本当に数え上げればキリがないレベルに大量に先取りしている。どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
2017年は株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!2018年もすでにエクストリームでナインバガー?!次に睨む銘柄は?!『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

株プロフェットはとにもかくにも個別銘柄の選定センスがズバ抜けていると思う。

当方がもっとも驚いたのは2017年1月時点から仮想通貨関連銘柄リミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。さらに2018年のスマホアプリ関連の超大化け株「エクストリーム」も先取り推奨していたようでこちらはナインバガーとなっている。2年連チャンでテンバガー・ナインバガークラスの大化けを先取りしているとは尋常ではない。

他にも明豊エンタープライズ(株価6.74倍)、レノバ(株価3.54倍)、インソース(株価2.52倍)、クラウドワークス(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ