風疹関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 風疹関連銘柄

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年08月17日(金)投稿】

風疹関連銘柄


厚生労働省によると、2018年は風疹が流行する兆しがあると注意喚起をしている。風疹とは、ウイルス感染症の一種で、風疹ウイルスによる急性熱性感染症だ。一般的に日本では「三日はしか」とも呼ばれているが、発症してしまった場合は効果的な治療法は無く、症状に応じた対処療法をとるしかない。

厚生労働省の発表では、千葉県など関東地方を中心に風疹患者が急増しているようで、今年の累積患者数は既に96人。これは去年1年間の発症患者数を超える数字となっている。このまま行くと流行の可能性が高いらしい。

関東エリアは人口も多い上に、お盆休みや夏休みなどで多くの人が往来する事を顧みると、今年は相当な数の風疹患者が増える可能性もある。直近では2013年に全国で患者数が1万人を超えたが、今年はそれを凌駕する可能性もあるそうだ。

意外かもしれないが、感染症の拡大時は日本の株式市場に影響を与えるケースが多い。例えば毎年猛威を振るう「インフルエンザ関連銘柄」や、南アフリカ発祥の「エボラ出血熱関連銘柄」、記憶に新しいところでは2018年3月以降に流行した「麻疹(はしか)関連銘柄」など、感染症に関連した銘柄が物色される傾向にあるのだ。

今年は風疹が大流行する可能性があるなら、風疹関連銘柄をチェックしておく必要がありそうだ。このページでは、風疹関連銘柄本命株・出遅れ株 一覧を分かり易く詳しくまとめておこうと思う。

風疹関連銘柄とは

風疹関連銘柄とは、その名の通り感染症の一つである「風疹」に関連する銘柄の総称である。

風疹はインフルエンザの2倍から4倍の強い感染力が特徴だ。感染者のせきやくしゃみ等の飛沫が飛び散り、鼻や口から吸い込む事で感染する「飛沫感染」が主な感染源となる。

特に首都圏などで、患者が電車を利用した場合は爆発的に感染が拡大する可能性が高く、妊娠初期の女性が風疹ウイルスに感染した場合、生まれた来た赤ちゃんが先天性の心疾患や難聴、白内障の病気になる可能性がある。これが一番怖い。

ウイルスそのものは直径0.1マイクロメートルで、普通のマスクでは防ぐことは出来ないとされているが、感染者がマスクをする事で、水分の「飛沫」は防ぐ事が出来るし、マスク需要は強く意識されるかもしれない。また予防接種などのワクチン関連を手掛けている銘柄には大きな注目を集める可能性もある。

もし風疹がこのまま2013年を超えるような流行となってしまった場合は、関連銘柄にも大きな注目が集まりそうだ。

風疹関連銘柄 一覧

  • 4502 武田製薬   ワクチン「Schwarz-FF8」
  • 4508 田辺三菱製薬 ワクチン「ミールビック」
  • 4061 デンカ    子会社がワクチンに強み
  • 3604 川本産業   医療用衛生材料
  • 7487 小津産業   医療用不織布ガーゼ
  • 3107 ダイワボウHD 抗ウイルスマスク製造
  • 8113 ユニチャーム 抗ウイルスマスク製造
  • 3095 イワキ    消毒剤やうがい薬
  • 4465 ニイタカ   消毒用アルコールやハンドソープ

風疹関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは風疹関連銘柄の中でも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば今後追記するつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

風疹関連銘柄 本命株 武田薬品工業

武田薬品チャート


時価総額:3,605,519百万円
PER:(連) 25.52倍
PBR:(連) 1.74倍
≪2018/08/17時点≫

最近では製薬大手シャイアーの買収問題で大きく報じられているが、国内製薬のトップ企業といえば、武田薬品工業だ。市販ワクチン「Schwarz―FF8」を手掛けており、風疹や麻疹(はしか)関連銘柄として注目され易い傾向にある。

時価総額がデカい大企業だけに値動きは重たい傾向にあるが、シャイアー買収問題で株価が割安圏にあるように思う。風疹関連銘柄の本命株として狙ってみるのも面白いかもしれない。

風疹関連銘柄 本命株 田辺三菱製薬

田辺三菱製薬チャート


時価総額:1,091,958百万円
PER:(連) 23.21倍
PBR:(連) 1.23倍
≪2018/08/17時点≫

田辺三菱製薬も時価総額の大きい銘柄だが、本命視すべき銘柄だ。麻疹・風疹混合ワクチン「ミールビック」を手掛けており、風疹の流行がニュースとなれば予防接種関連銘柄として注目を集める事となるだろう。

風疹関連銘柄 出遅れ株 デンカ

デンカチャート


時価総額:315,259百万円
PER:(連) 12.48倍
PBR:(連) 1.30倍
≪2018/08/17時点≫

デンカは化学関連企業の中では中堅だが、子会社のデンカ生研株式会社が主に医療や医薬品などを手掛けている。インフルエンザワクチンに強みのある企業だが、医療検査試薬の製造や販売、輸出入なども行っており、風疹が流行した場合は物色人気が集まるかもしれない。チェックしておきたい銘柄だ。

風疹関連銘柄 出遅れ株 川本産業

川本産業チャート


時価総額:2,472百万円
PER:(連) 9.95倍
PBR:(連) 0.63倍
≪2018/08/17時点≫

医療用衛星材料、要はガーゼや脱脂綿などを手掛ける国内大手企業が川本産業だ。他にも医療現場から生まれたサージカルマスクなど、感染症対策マスクも手掛けている。時価総額もそれ程大きくはない為、風疹の予防接種や感染防衛対策への注目が集まれば、関連銘柄として資金が集中するかもしれない。個人的にも注目の銘柄だ。

風疹関連銘柄 出遅れ株 小津産業

小津産業チャート


時価総額:16,735百万円
PER:(連) 35.31倍
PBR:(連) 1.10倍
≪2018/08/17時点≫

半導体向けの不織布生産で国内首位なのが、江戸時代創業の老舗企業である小津産業だ。半導体向けの繊細な不織布製品を取り扱う技術を応用して、医療用品も多く手掛けている。特に不織布ガーゼ市場においては国内トップのシェアを維持している。

風疹関連銘柄 本命株 ダイワボウHD

ダイワボウHD


時価総額:121,987百万円
PER:(連) 12.17倍
PBR:(連) 1.70倍
≪2018/08/17時点≫

ダイワボウHDは、OA機器の販売を主軸とした商社や繊維メーカーを統括する企業だ。時価総額も大きく、事業内容も多岐に渡るが、特に綿紡績の分野では名門だ。抗ウイルス機能を含む4層構造の「プルシアンガード」やウイルス飛沫を99%カットする「アレルキャッチャーマスク」などを手掛けている。

風疹関連銘柄 出遅れ株 ニイタカ

ニイタカチャート


時価総額:10,418百万円
PER:(連) 12.62倍
PBR:(連) 1.13倍
≪2018/08/17時点≫

ニイタカは業務用の洗剤を主力にしている企業だが、消毒用アルコールやハンドソープなども取り扱っている。飛沫ウイルス対策として家庭や企業、様々な場所でアルコール消毒の需要が高まる可能性がある。風疹の話題が多くなれば、その防衛対策として物色人気も高まりそうだ。

風疹関連銘柄 本命株 ユニチャーム

ユニチャームチャート


時価総額:2,075,449百万円
PER:(連) 33.26倍
PBR:(連) 4.68倍
≪2018/08/17時点≫

ユニチャームは衛生用品の大手企業だが、飛沫ウイルス対策の「超立体Rマスク」がヒット商品となっている。時価総額も大きく値が動き難いだけに微妙かもしれないが、風疹関連銘柄への注目が集まれば本命視すべき銘柄の一つと言えそうだ。

風疹関連銘柄 まとめ

実は当方も数年前に風疹になったのだが、発熱に相当苦しめられたのを覚えている。厚生労働省によると中学生の風疹予防接種は1994年迄は女子のみ行っていたらしく、主に30代から50代迄の男性は免疫が無い為に、風疹が発症し易いそうだ。該当する読者の方は特にお気をつけ頂きたい。

また風疹関連銘柄は同じウイルス感染症である「インフルエンザ関連銘柄」や「麻疹(はしか)関連銘柄」と親和性が高いので、併せてチェックしておく事をオススメする。

インフルエンザ関連銘柄 本命・出遅れ株 一覧
麻疹(はしか)関連銘柄 本命・出遅れ株 一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ズバリ聞いてしまうが、読者様は「株で月間どれくらいの利益を得ている」だろうか?

「株は9割が負ける」と言われているのは有名な話だが、たった1割が勝利を独占しているという状況ということは個人投資家は…

「勝ったり負けたりだけどトータルではマイナス」

という状況が多いはずだ。

だが、それでも個人投資家が相場から離れないのは勝つ時もあるからだろう。それになにより株はギャンブル的な「楽しさ」もあるからだと思う。

だが「株をギャンブル感覚」でやるくらいなら、いっそ相場から離れた方がいい。資産の余裕のある人が遊びでやるならいいかもしれないが、一般の人が「資産運用」で株をやるなら「利益」は最大の目的のはずだ。

例えば「毎月数万円くらいのプラス」であってもプラスなら続けるべきだし、コンスタントに負けているならいっそやめるべきだ。少なくとも”現状で負けている”ならば「負けている手法」でいくらやっても金と時間の無駄だ。

もし読者様が「勝ったり負けたり…トータルはマイナス」という状況ならば、どうかこの記事は最後まで読んで頂きたい。

と、いうのも、あくまで「目安」だが「株で毎月+30万円」くらいなら余裕で目指せるからだ。

株で毎月数百万~数千万の利益が欲しいというのなら、当方はアドバイスする立場にないが「株で毎月+30万円程度の利益」であれば、余裕で目指せる。

活用してほしいのが株の専門サイトだ。今は無料で活用出来る株サイトが多く、別に情報料金なんか払わずともしっかりとした情報が継続的に受け取れる。

まぁ優秀な顧問サイトなら「有料情報を使った方が効率的」なのかもしれないが、有料情報を検討するのなんてまずは無料を試してみて、それからの話だろう。

当方が、オススメするのはとりあえずここの無料情報なので、その点は安心してほしい。

「株で毎月+30万円の利益」を目指す方に試してほしいのがこちらのサイトだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~11月の11カ月間で計412銘柄もの無料情報を推奨し、その内307銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~11月の11カ月連続で推奨銘柄の7割以上が30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で11カ月連続で無料銘柄が7割以上の勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

無料でこれだけの大化け銘柄を推奨してくれるのだから、月間+30%程度の利益確保なんてそう難しい話ではないというのはご理解頂けるだろう。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

もう一つ、当方のブログを見に来てくれている人にはチェックしておいて欲しいのが「株プロフェット」だ。

株プロフェット

株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


ここは単純に逆境に強い。これまでたくさんの買い場を読み当ててきている。本当に頼りになるサイトだ。

当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にも明豊エンタープライズ(株価6.74倍)レノバ(株価3.54倍)、アエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ