トルコショック関連銘柄 空売り本命株・空売り出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年08月13日(月)投稿】

トルコショックのイメージ画像

2018年8月、欧米市場でトルコの通貨である「リラ」が大暴落した。これを市場では「トルコショック」と呼んでいるようだ。

トルコショックが起きた理由は「エルドアン大統領の利上げ妨害」などさまざまあるが、もっとも直接的な理由はアメリカとトルコの対立であろう。

トルコ当局では2016年7月のクーデター未遂事件にかかる容疑でアメリカ人牧師の「アンドルー・ブランソン」氏を拘束中である。

アメリカのトランプ政権ではこれをよしとせずアメリカ人牧師の解放を求めていたが、トルコのエルドアン大統領はこれを「政治的陰謀」「降伏はしない」と語っており、対立する姿勢をとっている。

トランプ政権では08/08を最終期限に定めアメリカ人牧師の解放を迫っていたようだが、解放は行われることなく、これに対する報復制裁として08/10にトルコから輸入する鉄鋼・アルミニウムに課す追加関税を2倍に引き上げることを表明。これにより、トルコリラの暴落、つまりトルコショックが起こったというわけだ。

トルコショックが起きたことにより日本の株式市場も大きな影響を受ける可能性がある。このページではトルコショック関連銘柄について空売り本命株空売り出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

トルコショック関連銘柄とは

まず注意してもらいたいのは通常であれば当サイトの「テーマ株まとめページ」では、関連銘柄のなかでも「買われるであろう銘柄」を中心にピックアップするが、トルコショック関連銘柄に関しては「売られるであろう銘柄」をピックアップするので注意して欲しい。

トルコショック関連銘柄とはその名の通りトルコショックに関連する銘柄の総称で主にトルコと輸出入などで関わっていたり、または進出している企業が中心になる。

トルコショックによってどんな銘柄が売られるのか?しっかりと把握しておくべきだろう。

トルコショック関連銘柄 一覧

  • 8306    三菱UFJ FG   銀行株
  • 8316    三井住友 FG    銀行株
  • 8411    みずほ FG     銀行株
  • 8308    りそなHD      銀行株
  • 7701    島津製作所      トルコに拠点
  • 1801    大成建設       トルコのトンネル工事に実績
  • 7011    三菱重工業      トルコの原発建設計画に関係
  • 7013    IHI        トルコの橋梁事業に実績
  • 6752    パナソニック     トルコ企業を買収
  • 5901    東洋製罐グループHD グループ傘下(東洋鋼板)がトルコで合弁企業
  • 8058    三菱商事       商社株
  • 8001    伊藤忠商事      商社株
  • 8053    住友商事       商社株
  • 8031    三井物産       商社株
  • 8002    丸紅         商社株

トルコショック関連銘柄 空売り本命株・空売り出遅れ株

それではトルコショック関連銘柄の中でも売られる可能性の高そうな銘柄を「空売り本命株」としてピックアップする。出遅れ銘柄などもあれば今後追記するつもりだ。

また、今後トルコショックにより恩恵を受ける銘柄(買われるであろう銘柄)が出てきた際には、そちらも追記していくつもりだ。

なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 三菱UFJ FG

三菱UFJ FGのチャート画像

時価総額:9,000,390百万円
PER:—倍
PBR:(連) 0.54倍
≪2018/08/13時点≫

メガバンク系の銘柄はトルコショック関連で売られるであろう銘柄といえるだろう。トルコショックにより、世界の株式市場においてもかなり銀行株はかなり下落しているようだ。日本株市場においても銀行株は売られる可能性が高いだろう。三菱UFJフィナンシャルグループだけでなく、みずほフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループなどは注意しておいた方がよいだろう。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 大成建設

三菱重工業のチャート画像

時価総額:1,127,197百万円
PER:(連) 12.34倍
PBR:(連) 1.69倍
≪2018/08/13時点≫

建設株の大成建設もトルコ関連銘柄の一角といえる。大成建設は過去にトルコのボスポラス海峡横断鉄道トンネル建設工事を手掛けた実績があるトルコ関連銘柄。今回のトルコショックにより、思惑で売られる可能性がありそうだ。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 三菱重工業

三菱重工業のチャート画像

時価総額:1,407,486百万円
PER:(連) 17.51倍
PBR:(連) 0.99倍
≪2018/08/13時点≫

三菱重工業もトルコ関連銘柄の一角といえる。三菱重工業は、トルコの原発建設計画に関係している企業。こちらもトルコショックにより思惑で売られる可能性がありそうだ。トルコショック関連銘柄として注意しておくべきだろう。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 IHI

IHIのチャート画像

時価総額:583,143百万円
PER:(連) 18.18倍
PBR:(連) 1.78倍
≪2018/08/13時点≫

IHIもトルコ関連銘柄の一角といえる。IHIはトルコの橋梁事業に実績がある企業だ。こちらもトルコで事業を行う銘柄であることから、トルコショック関連銘柄として注意しておくべきだろう。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 パナソニック

パナソニックのチャート画像

時価総額:3,407,291百万円
PER:(連) 12.96倍
PBR:(連) 1.85倍
≪2018/08/13時点≫

パナソニックもトルコ関連銘柄の一角だ。パナソニックは2014年にトルコの「ヴィコエレクトリック社」を買収した実績がある銘柄。こちらもトルコショックにより売られる可能性は高そうだ。トルコショック関連銘柄として警戒しておくべきかもしれない。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 東洋製罐グループHD

東洋製罐グループHDのチャート画像

時価総額:394,364百万円
PER:(連) 18.66倍
PBR:(連) 0.59倍
≪2018/08/13時点≫

東洋製罐グループHDもトルコ関連銘柄の一角といえるだろう。東洋製罐グループHDは缶詰からPETボトルまで包装容器で首位の企業で、トルコ関連としてはグループ傘下の東洋鋼板がトルコでの合弁企業を持つ点に注目。こちらもトルコショックで売られる可能性のある銘柄といえる。注意しておくべきだろう。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 島津製作所

島津製作所のチャート画像

時価総額:932,621百万円
PER:(連) 29.00倍
PBR:(連) 3.47倍
≪2018/08/13時点≫

分析・計測機器大手で医療機器や航空機器も手掛ける島津製作所はトルコに拠点をもつという点から、トルコ関連銘柄の一角として注意しておきたい。トルコショックの影響が長引けば、売られる可能性がありそうだ。

トルコショック関連銘柄 空売り本命株 三菱商事

三菱商事のチャート画像

時価総額:4,980,121百万円
PER:(連) 8.28倍
PBR:(連) 0.91倍
≪2018/08/13時点≫

商社系の銘柄もトルコショックにより売られる可能性が高いといえるだろう。三菱商事、伊藤忠商事、住友商事、三井物産、丸紅など五大商社と呼ばれる銘柄には注意が必要だ。

トルコショック関連銘柄 まとめ

トルコショックがどれだけ長引き世界経済に影響を与えるかは不透明な部分もあるが、日本株においても警戒しておくべきといえるだろう。当ページでは、取り急ぎトルコショックにより「売られるであろう銘柄」をピックアップしたが、今後トルコショックにより「買われるであろう銘柄」が出てくればそちらも併せて当ページに追記していく。

引き続きトルコショック関連銘柄には注意が必要だ。関連銘柄はしっかりと把握しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ズバリ聞いてしまうが、読者様は「株で月間どれくらいの利益を得ている」だろうか?

「株は9割が負ける」と言われているのは有名な話だが、たった1割が勝利を独占しているという状況ということは個人投資家は…

「勝ったり負けたりだけどトータルではマイナス」

という状況が多いはずだ。

だが、それでも個人投資家が相場から離れないのは勝つ時もあるからだろう。それになにより株はギャンブル的な「楽しさ」もあるからだと思う。

だが「株をギャンブル感覚」でやるくらいなら、いっそ相場から離れた方がいい。資産の余裕のある人が遊びでやるならいいかもしれないが、一般の人が「資産運用」で株をやるなら「利益」は最大の目的のはずだ。

例えば「毎月数万円くらいのプラス」であってもプラスなら続けるべきだし、コンスタントに負けているならいっそやめるべきだ。少なくとも”現状で負けている”ならば「負けている手法」でいくらやっても金と時間の無駄だ。

もし読者様が「勝ったり負けたり…トータルはマイナス」という状況ならば、どうかこの記事は最後まで読んで頂きたい。

と、いうのも、あくまで「目安」だが「株で毎月+30万円」くらいなら余裕で目指せるからだ。

株で毎月数百万~数千万の利益が欲しいというのなら、当方はアドバイスする立場にないが「株で毎月+30万円程度の利益」であれば、余裕で目指せる。

活用してほしいのが株の専門サイトだ。今は無料で活用出来る株サイトが多く、別に情報料金なんか払わずともしっかりとした情報が継続的に受け取れる。

まぁ優秀な顧問サイトなら「有料情報を使った方が効率的」なのかもしれないが、有料情報を検討するのなんてまずは無料を試してみて、それからの話だろう。

当方が、オススメするのはとりあえずここの無料情報なので、その点は安心してほしい。

「株で毎月+30万円の利益」を目指す方に試してほしいのがこちらのサイトだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~11月の11カ月間で計412銘柄もの無料情報を推奨し、その内307銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~11月の11カ月連続で推奨銘柄の7割以上が30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で11カ月連続で無料銘柄が7割以上の勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

無料でこれだけの大化け銘柄を推奨してくれるのだから、月間+30%程度の利益確保なんてそう難しい話ではないというのはご理解頂けるだろう。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

もう一つ、当方のブログを見に来てくれている人にはチェックしておいて欲しいのが「株プロフェット」だ。

株プロフェット

株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


ここは単純に逆境に強い。これまでたくさんの買い場を読み当ててきている。本当に頼りになるサイトだ。

当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にも明豊エンタープライズ(株価6.74倍)レノバ(株価3.54倍)、アエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ