メルカリがフリマアプリ関連銘柄からキャッシュレス関連銘柄へ!!いや、むしろ「メルペイ関連銘柄」というべきか?!

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年08月10日(金)投稿】

2018年6月に日本初のユニコーン企業として東証マザーズへ上場したメルカリが、8月9日に決算を発表して創業以来最大の赤字を計上した事が大きな話題になっている。

フリマアプリ関連銘柄 メルカリ

メルカリチャート画像


時価総額:583,811百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 10.51倍
≪2018/08/10時点≫

メルカリは今回の赤字発表で大きく株価も下げたようだが、この件の本質はそこではないと思っている。当方が特に注目したいのはメルカリが新たに投入へ向けて準備している決済プラットフォーム「メルペイ」の存在だ。

つまりメルカリがキャッシュレス決済サービスへ本腰を入れる事となる。メルカリが金融事業を手掛ける「メルペイ」は、メルカリ内で稼いだ売上金をメルカリ外の決済にも利用出来るスマホ向けウォレットサービス構想となっている。

メルカリで得た収入や、チャージした金銭、銀行口座などを「メルペイウォレット」で一括管理出来る形となるが、ただの決済手段としての提供だけではなく、「メルペイ」を利用する事で蓄積される【評価情報】や【信用情報】を新たに生み出し、金融サービスなどの提供へ活かす構想がその全容となる。まずはメルカリ子会社の自転車シェアサービス「メルチャリ」などで使用出来る形となり、今後は「メルペイ」を利用出来る加盟店を増やして行く方針となるそうだ。

スマホ決済の分野では、既にLINEが「LINE Pay」を発表しているし、楽天もポイント還元や手数料無料化で加盟店数を伸ばしている状況にある。後発であるメルカリがここから逆転するには相当な利便性やアイデアが必要となるだろう。

しかし、メルカリには「お金を強く意識している顧客層」がいる。メルカリは既に日本国内でのダウンロード数は6000万を超えているらしいが、その顧客層は「中古品を高く売りたい」「良い物を安く買いたい」といった、お金への意識が強い層がメイン顧客層だ。既存の決済方法には無い「新しい財布」「新しいビッグデータ」として特に金融サービスの提供などには利用価値が強く見込めるのではないか。

メルカリは月間1000万人以上のアクティブユーザーから300億円以上の売上金が入って来るという強みもある。これはLINEには無い強みだし、日本のキャッシュレス決済サービスは戦国時代の様相に入って来たのかもしれないな。この分野で最後に天下を取るのはどの企業になるのか、後発組のメルカリの獅子奮迅ぶりにも期待したいところだ。

他のモバイル決済関連銘柄やアップルペイ関連銘柄、キャッシュレス関連銘柄もチェックしておきたい。

アップルペイ関連銘柄 モバイル決済関連銘柄 一覧まとめ
キャッシュレス関連銘柄 一覧まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ズバリ聞いてしまうが、読者様は「株で月間どれくらいの利益を得ている」だろうか?

「株は9割が負ける」と言われているのは有名な話だが、たった1割が勝利を独占しているという状況ということは個人投資家は…

「勝ったり負けたりだけどトータルではマイナス」

という状況が多いはずだ。

だが、それでも個人投資家が相場から離れないのは勝つ時もあるからだろう。それになにより株はギャンブル的な「楽しさ」もあるからだと思う。

だが「株をギャンブル感覚」でやるくらいなら、いっそ相場から離れた方がいい。資産の余裕のある人が遊びでやるならいいかもしれないが、一般の人が「資産運用」で株をやるなら「利益」は最大の目的のはずだ。

例えば「毎月数万円くらいのプラス」であってもプラスなら続けるべきだし、コンスタントに負けているならいっそやめるべきだ。少なくとも”現状で負けている”ならば「負けている手法」でいくらやっても金と時間の無駄だ。

もし読者様が「勝ったり負けたり…トータルはマイナス」という状況ならば、どうかこの記事は最後まで読んで頂きたい。

と、いうのも、あくまで「目安」だが「株で毎月+30万円」くらいなら余裕で目指せるからだ。

株で毎月数百万~数千万の利益が欲しいというのなら、当方はアドバイスする立場にないが「株で毎月+30万円程度の利益」であれば、余裕で目指せる。

活用してほしいのが株の専門サイトだ。今は無料で活用出来る株サイトが多く、別に情報料金なんか払わずともしっかりとした情報が継続的に受け取れる。

まぁ優秀な顧問サイトなら「有料情報を使った方が効率的」なのかもしれないが、有料情報を検討するのなんてまずは無料を試してみて、それからの話だろう。

当方が、オススメするのはとりあえずここの無料情報なので、その点は安心してほしい。

「株で毎月+30万円の利益」を目指す方に試してほしいのがこちらのサイトだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~11月の11カ月間で計412銘柄もの無料情報を推奨し、その内307銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~11月の11カ月連続で推奨銘柄の7割以上が30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で11カ月連続で無料銘柄が7割以上の勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

無料でこれだけの大化け銘柄を推奨してくれるのだから、月間+30%程度の利益確保なんてそう難しい話ではないというのはご理解頂けるだろう。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

もう一つ、当方のブログを見に来てくれている人にはチェックしておいて欲しいのが「株プロフェット」だ。

株プロフェット

株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


ここは単純に逆境に強い。これまでたくさんの買い場を読み当ててきている。本当に頼りになるサイトだ。

当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にも明豊エンタープライズ(株価6.74倍)レノバ(株価3.54倍)、アエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ