原油高メリット銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 原油高メリット銘柄, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年05月18日(金)投稿】

原油イラスト


アメリカのトランプ大統領が2018年5月8日に、オバマ前政権が締結した「イラン核合意」から離脱すると発表した事で一気に中東産の原油が高騰しているらしい。

2018年5月15日の東京商品取引所の夜間取引で、中東原油の先物指標価格が一時1キロリットルあたり5万円の大台を突破、その影響で日本企業は戦々恐々の状況だと一部報じられた。

また2018年5月17日には米国国務省が記者会見でイランの核問題や弾道ミサイル開発、中東のイスラム国(IS)などの武装組織支援などイランの脅威に対処する為の有志連合と同様の形態を検討すると発表、これには日本も含まれるが、一気に中東情勢がきな臭くなってきた。

中東に火種があれば、原油の値段は上がる。原油が高騰すれば、「輸送費」などのコストが膨らみ、物価上昇・消費低迷にもつながり多くの日本企業にはマイナスの影響がでることが予想される。だが、逆に原油高にメリットのある企業も少数ながら存在する。そこで今回は「原油高メリット銘柄」の本命株・出遅れ株を一覧にしてまとめておく。

原油高メリット銘柄とは

原油高メリット銘柄とは、原油価格が上昇する事でプラスに働く企業・銘柄の総称だ。

原油の値段が上がってメリットがある主な企業としては石油関連企業や資源関連企業だ。原油価格が上昇すればエネルギー価格の高騰となり、石油を扱う製品などのコストも上がる事となる。中東やロシアなど産油国地域の経済にプラスに働く事も多いだろう。

原油高メリット銘柄一覧

  • 1605 国際石開帝石   原油・ガス開発生産
  • 1662 石油資源     原油・ガス開発生産
  • 1963 日揮       世界各地で石油関連プラント建設
  • 5002 昭和シェル    石油精製元売り大手
  • 5017 富士石油     石油精製販売
  • 5019 出光興産     石油精製元売り大手
  • 5020 JXTG     石油元売り最大手
  • 5021 コスモHD     石油精製元売り大手
  • 6330 東洋エンジニア  プラント建設大手で石油に強み
  • 6366 千代田化工建設  三菱系の総合エンジニアリング大手
  • 6531 リファイン    産業廃棄物処理事業、合成樹脂を製造販売
  • 8058 三菱商事     三菱グループの中核でエネルギー関連に強み

原油高メリット銘柄 本命株・出遅れ株

それでは原油高メリット銘柄のなかでも、特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

原油高メリット銘柄 本命株 国際石油開発帝石

国際石開帝石


時価総額:2,008,501百万円
PER:(連) 41.79倍
PBR:(連) 0.69倍
≪2018/05/18時点≫

世界20カ国以上で約70のプロジェクトを展開する日本最大級の石油・天然ガス開発を手掛けるのは国際石油開発帝石だ。単純に原油の価格が高騰すれば、大量の原油を保有している国際石油開発帝石は増益が見込める事となる。2018年3月時点の想定原油レートは57.3ドルだったが、現在は既に1バレル70ドルを突破している。それだけでも原油高メリット銘柄の本命と言える銘柄だろう。

原油高メリット銘柄 本命株 JXTGホールディングス

JXTG


時価総額:2,615,423百万円
PER:(連) 8.41倍
PBR:(連) 1.03倍
≪2018/05/18時点≫

2010年に国内石油卸1位の新日本石油と同6位の新日鉱ホールディングスが経営統合して設立されたのが石油元売りの最大手となるJXTGホールディングスだ。原油関連の他にも様々なエネルギー開発に事業を拡大しているが、主軸はやはり原油関連だ。原油高メリットで増益を見込める本命株と言えるだろう。時価総額が巨額な為、資産株としての需要が高い銘柄となるが、長期目線ならば抑えておきたい本命株だ。

原油高メリット銘柄 本命株 日揮


時価総額:666,284百万円
PER:(連) 64.90倍
PBR:(連) 1.64倍
≪2018/05/18時点≫

石油・天然ガス・石油化学・ガス化学などのオイルとガス分野を中心に世界各地でプラント建設を行っているのが日揮。2018年5月1日にはカナダの大型LNGプラント建設プロジェクトを米国のフルア社と共同で受注したと発表して話題になった銘柄でもある。

原油高メリット銘柄 本命株 昭和シェル石油


時価総額:625,572百万円
PER:—倍
PBR:(連) 2.34倍
≪2018/05/18時点≫

石油元売りの大手である昭和シェル石油は貝殻マークのガソリンスタンドでお馴染みの企業だ。サウジアラビア王国の国営石油会社が2位の株主であり、中東石油関連と太いパイプを擁するのが強みだ。また原油が高騰した場合は再生エネルギーが見直される傾向にある。同社が太陽電池などにも注力している点は注目だ。

原油高メリット銘柄 本命株 出光興産

出光興産


時価総額:845,520百万円
PER:(連) 8.21倍
PBR:(連) 0.97倍
≪2018/05/18時点≫

石油元売りの大手で石油化学分野に強みがあるのが出光興産だ。原油価格が上がれば、他のエネルギー資源への需要も高まる傾向にあるが、出光興産は再生エネルギー事業やバイオ燃料事業にも注力している為、原油価格が高騰すれば二重で注目が集まりそうだ。

原油高メリット銘柄 本命株 コスモエネルギーHD

コスモエネルギーHD


時価総額:367,056百万円
PER:(連) 6.39倍
PBR:(連) 1.53倍
≪2018/05/18時点≫

TVCMなどでお馴染みの「コスモ石油」を手掛けるのがコスモエネルギーHDだ。アラブ首長国連邦の政府系ファンドであるアブダビ投資庁が筆頭株主の為、中東に強いパイプを擁している。風力発電などの再生エネルギー事業も手掛けている。時価総額は決して低くはないが、上記他銘柄に比べれば値動きも軽そうだ。今後原油高メリットのテーマに注目が集まれば、資金が集中するかもしれない。

原油高メリット銘柄 本命株 富士石油

富士石油


時価総額:34,479百万円
PER:(連) 5.39倍
PBR:(連) 0.49倍
≪2018/05/18時点≫

原油高メリット銘柄はやはり大企業が多いのだが、その中では比較的時価総額も低めとなるのが富士石油だ。現在は開発事業からは撤退しているが、主にクウェートから原油を購入し、販売を行っている。袖ヶ浦製油所では、12万トン級タンカーが直接着桟出来る日本国内の製油所としては最大級の専用桟橋を備えており、生産能力の約4割にあたる年間300万キロリットルの製品輸出が可能な規模を誇っている。

原油高メリット銘柄 出遅れ株 石油資源開発

石油資源開発


時価総額:185,181百万円
PER:(連) 19.52倍
PBR:(連) 0.44倍
≪2018/05/18時点≫

石油資源開発は原油高メリット銘柄の出遅れ株として注目したい。最近は主軸を海外に移してはいるが、日本国内でも北海道や秋田県、山形県および新潟県などで原油や天然ガスの生産を行っている。原油高となれば増益へと直結する銘柄と言えるだろうし、上記銘柄に比べれば時価総額も低く、大きな値動きの推移に期待出来る。

原油高メリット銘柄 出遅れ株 東洋エンジニアリング

東洋エンジニアリング


時価総額:36,476百万円
PER:(連) 36.26倍
PBR:(連) 1.44倍
≪2018/05/18時点≫

大型プラント建設の大手が東洋エンジニアリングだ。最近ではナイジェリアで大型肥料プラントの第2トレイン建設プロジェクトを受注した。石油プラントの建設も多く手掛けているだけに関連銘柄として注目しておきたい銘柄だ。

原油高メリット銘柄 出遅れ株 リファインバース

リファインバース


時価総額:8,264百万円
PER:(連) 60.23倍
PBR:(連) 9.56倍
≪2018/05/18時点≫

産業廃棄物処理事業を主軸におくリファインバースだが、廃棄物の再資源化で、本来石油から作られる合成樹脂を製作するなど再生エネルギー事業で注目を集めている。オフィスビルなどが集中する首都圏では毎日大量のタイルカーペットなどの廃棄物が捨てられているが、原油価格が高騰すれば再資源化に需要が集まりそうだ。時価総額も小粒な銘柄だけに面白そうな銘柄かもしれない。

原油高メリット銘柄 本命株 千代田化工建設

千代田化工建設


時価総額:280,370百万円
PER:(連) 42.91倍
PBR:(連) 1.77倍
≪2018/05/18時点≫

三菱系の総合エンジニアリング大手が千代田化工建設、原油高メリット銘柄の本命株だ。石油分野は石油精製設備や二次精製設備、潤滑油製造設備から石油備蓄基地などの建設を手掛ている。時価総額が相当大きい為、大きな値動きは望めないかもしれないが本命株として注目しておきたい銘柄だ。

原油高メリット銘柄 まとめ

原油価格の高騰する事で、主に「物価上昇」「消費低迷」「企業の収益悪化」など、原油を輸入に頼るしかない日本にはネガティブな環境となるのは必然の流れだ。

原油の価格高騰はしばらくは続くという試算も出ているし、原油価格が落ち着くまでは「原油高メリット銘柄」に一時的に資金を逃がす機関投資家や外国人投資家も出てくるかもしれない。少なからず日本企業の収益やこれからの市場に影響が出てくる可能性もある。

また原油高にメリットがありそうなテーマ株は他にも太陽光や風力、地熱などを取り扱う再生エネルギー関連銘柄やLNG運搬船関連銘柄など間接的には裾野は広い。

アメリカのイラン核合意離脱から引き起こされたのは、大方の予想通り原油価格の急騰だった。次は市場にどんな影響を与える事になるか、こればっかりはキッチリ情報収集をしてアンテナを張る他ないだろう。慎重に立ち回りたいものだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ