フリマアプリ関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年05月10日(木)投稿】

「CtoC」という言葉をご存知だろうか。
個人対個人で物品の売買を行う事を指す言葉だが、その市場規模が爆発的なスピードで拡大しているらしい。

経済産業省の発表では、平成29年のネットオークション市場は1兆1200億円、このうち「CtoC」部分は3569億円に急増したそうだ。フリマアプリが登場した2012年から僅か5年で5000億円規模の巨大市場が形成された事になる。

そのフリマアプリを牽引してきたのが「メルカリ」だが、日経新聞によると2018年6月19日に東証マザーズ市場に上場するらしい。時価総額は2000億円を超えるとの見方が多く、早ければ東京証券取引所が5月14日にも上場を承認し発表されるだろうと報じられた。

メルカリの上場は世間の話題を掻っ攫う程インパクトがデカいニュースとなるだろうし、多くのメディアやマスコミが取り上げる事となるだろう。それだけ「メルカリ」のネームバリューは大きい。

つまり、それに付随して物色されると予想されるのが「フリマアプリ関連銘柄」だ。

そこで今回はフリマアプリ関連銘柄の本命株・出遅れ株 一覧を詳しくまとめておく。

フリマアプリ関連銘柄とは

フリマアプリ関連銘柄とは、その名の通りフリマアプリに関連するサービス・製品などを手掛ける銘柄の総称である。

フリマアプリとは
フリーマーケットアプリの略で、代表的なのが「メルカリ」とか「ラクマ」とかスマートフォン端末で利用出来るアプリの事である。ちなみにメルカリは僅か4年半で世界累計ダウンロード数1億を突破した。メルカリの上場には否が追うにも注目が集まるのはお分かり頂けるのではないだろうか。

フリマアプリ関連銘柄 一覧

  • **** メルカリ    フリマアプリ最大手
  • 2497 ユナイテッド  メルカリに出資
  • 4689 ヤフー    「ヤフオクフリマ」運営
  • 4755 楽天     「ラクマ(旧フリル)」運営
  • 2780 コメ兵     フリマアプリ「カンテ」運営
  • 3545 デファクト   ネット買取サイト「ブランディア」運営
  • 3633 GMOペパボ 「ミンネ」「テトテ」運営
  • 7419 ノジマ     家電専門「ノジマフリーマーケット」運営

フリマアプリ関連銘柄 本命株・出遅れ株

それではフリマアプリ関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

フリマアプリ関連銘柄 本命株 メルカリ

メルカリロゴ


時価総額:000百万円
PER:(単) -倍
PBR:(単) -倍
≪2018/05/10時点≫

フリマアプリ市場の大本命と言えるのがメルカリだろう。
日経新聞の報道によると2018年6月19日に東証マザーズ市場に上場、時価総額は2000億円を超えるとの見方が多い。時価総額2000億円ならばいきなり東証マザーズで時価総額2位の銘柄という事になる。メルカリが上場する事で、マザーズ市場にとって大きな刺激材料となる可能性もある。それだけメルカリの上場は大きなインパクトになるだろう。

フリマアプリ関連銘柄 本命株 ユナイテッド

ユナイテッドチャート

時価総額:100,720百万円
PER:(単) -倍
PBR:(連) 9.78倍
≪2018/05/10時点≫

こちらはフリマアプリ関連銘柄と言うよりは「メルカリ関連銘柄」と考えた方が良いだろう。ユナイテッドはネット広告とスマホアプリの開発を主軸とする企業だが、2013年8月にメルカリの前身時代に業務提携を発表。株式も14.5%を保有している事から、メルカリの上場には資金が集中する可能性がある。メルカリに出資している企業は他にも有るのだが、詳しくは下記の「メルカリ関連銘柄」を読んで貰いたい。

メルカリ関連銘柄 まとめ

フリマアプリ関連銘柄 本命株 楽天



時価総額:1,167,600百万円
PER:(単) -倍
PBR:(連) 1.60倍
≪2018/05/10時点≫

フリマアプリの中でもメルカリに迫るのが楽天だ。「ラクマ」と「フリル」2つのフリマアプリを運営していたが、2018年2月26日に一つに統合し「新ラクマ」として出発。楽天ポイントでの支払いが可能など、自社内のサービスに互換性を持たせる事でメルカリに対抗する。

言わずと知れた大企業だけに時価総額が高く、値動きも重たいが、打倒メルカリの一番手として注目しておきたい銘柄だ。

フリマアプリ関連銘柄 本命株 ヤフー

ヤフーチャート


時価総額:2,318,625百万円
PER:(単) -倍
PBR:(連) (連) 2.29倍
≪2018/05/10時点≫

ネットオークション最大手のヤフーオークションの即決価格商品をフリマアプリとして活用したのが「ヤフオクフリマ」だ。但し、現時点では制限が多く、ヤフーオークションとの棲み分けが上手く機能していない印象だ。今後の改善を求められる。

こちらも大企業だけに時価総額が相当大きい。値動きは緩やかになるのが予想されるが、今後の改善次第ではフリマアプリ市場でもシェアを伸ばす可能性は高い。

フリマアプリ関連銘柄 出遅れ株 コメ兵

コメ兵チャート


時価総額:20,713百万円
PER:(連) 19.76倍
PBR:(連) 1.07倍
≪2018/05/10時点≫

名古屋を本拠にブランド品をメインに中古品を販売しているが、フリマアプリに「鑑定」を取り入れた「カンテ」というサービスを提供している。個人間の取引で懸念されるブランド品の真贋判定を行う事で、顧客は安心して高額商品も取引出来る訳だ。個人的には面白い試みだと思う。

フリマアプリ関連銘柄としては時価総額も低く、値動き的にも面白い存在といえるだろう。出遅れ株として注目したい銘柄だ。

フリマアプリ関連銘柄 本命株 デファクトスタンダード



時価総額:8,125百万円
PER:(単) 24.16倍
PBR:(単) 2.28倍
≪2018/05/10時点≫

ネットに特化したブランド品買取サイト「ブランディア」を運営している。テレビCMなどで認知度を上げる事で利用者数も200万人を突破した。フリマアプリのカテゴリーに含まれるかは微妙だが、フリマアプリ市場の拡大と伴に成長しているだけに、関連銘柄として注目しておくべきだと考えている。

フリマアプリ関連銘柄 出遅れ株 GMOペパボ


時価総額:9,239百万円
PER:(単) 34.58倍
PBR:(単) 7.31倍
≪2018/05/10時点≫

GMOインターネットグループの一つで、アクセサリーやインテリアなどハンドメイド作品に特化したフリマアプリ「ミンネ」「テトテ」を展開している。専業主婦などがハンドメイド作品を制作し、ネットを介して販売するツールとして、じわじわと利用者を増やしている。

フリマアプリ関連銘柄 出遅れ株 ノジマ


時価総額:137,830百万円
PER:(連) 9.68倍
PBR:(連) 1.99倍
≪2018/05/10時点≫

神奈川地盤から首都圏に展開する家電量販店の中堅だが、デジタルや家電専門のフリーマーケットを運営している。量販店が中古家電の販売を仲介するという発想には当方も驚いたが、まだ発展途上といった印象か。

メルカリの上場が刺激材料となれば、フリマアプリ関連銘柄として物色人気が高まるかもしれない。注目はしておきたいところだ。

フリマアプリ関連銘柄 まとめ

フリマアプリ市場は今後も拡大を続ける事が予想されるし、東証マザーズにとって「メルカリ」の上場はとんでもない刺激材料になるだろう。話題性も抜群なだけに大きなチャンスとなりそうだ。

これだけ大型の銘柄が上場される機会は早々有る訳ではないし、マザーズ市場が活気づくならば仕込み時として絶好のタイミングかもしれない。

チャンスを活かす為にも、今仕込むべき銘柄は何なのかしっかり考えて備えておきたいものだ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ