レアアース関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, レアアース関連銘柄, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年04月11日(水)投稿】

レアアースのイメージ画像

2018年04月10日、一部のメディアが「日本の小笠原諸島・南鳥島周辺の排他的経済水域の海底に携帯電話などに必要不可欠なレアアース(希土類)が、世界需要の数百年分も存在していることがわかった」と伝えたようだ。

この報道により、日本の株式市場でもレアアース関連銘柄のテーマ性に注目が集まりつつある。

このページではレアアース関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

レアアース関連銘柄とは

レアアース関連銘柄とは、その名の通りレアアースに関連する銘柄の総称である。

日本の小笠原諸島・南鳥島周辺の排他的経済水域の海底に携帯電話などの家電製品に必要不可欠なレアアースが世界需要の数百年分の量が存在していることが判明したことから、日本の株式市場においてもレアアース関連銘柄に注目が集まりつつある。

南鳥島沖の海底周辺(約2400平方キロ)にはレアアース資源量およそ1600万トンも存在し、ハイテク産業で特に重要とされるジスプロシウム、テルビウム、ユウロピウム、イットリウムも多量に含まれるという。具体的にモーターなどに使われるテルビウムが世界需要の420年分、また液晶ディスプレイに使われるユウロピウムは世界需要の620年分も眠っているという。

現在、レアアースの世界生産量は9割が中国が占めているようだが、国内の海域でレアアースが数百年分眠っていることから、採掘技術が確立すれば日本も「夢の資源国」になる可能性を秘めていると言えるだろう。

なお、南鳥島沖にレアアースがあることを発見したのは東京大学「加藤泰浩」教授、早稲田大学「高谷雄太郎」講師らの研究グループだが、同グループは採掘技術の開発も行い、レアアース泥を採取することにも成功している。レアアースの採掘が現実のものになろうとしているということだ。

今後、日本の株式市場でもレアアース関連銘柄は注目のテーマ株となる可能性がある。本命株出遅れ株 一覧はしっかりと抑えておこう。

また、当サイトではレアアースと近縁テーマであるレアメタルの一種「コバルト」に関連する銘柄についてもまとめている。レアアース関連銘柄と近縁テーマで、重複する銘柄もあるので併せて把握しておくとよいだろう。

コバルト関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

レアアースとは

レアアースとはレアメタルの一種である。レアメタルのうちスカンジウム・イットリウム・ランタン・ルテチウム・ユウロピウム・テルビウムなど一部の元素をレアアースと呼ぶようだ。

レアアースの用途

レアアースはパソコンや携帯電話、液晶テレビなど、われわれが日常的に使用している家電製品に広く使われている。具体的にはパソコンのハードディスクや冷蔵庫のモーターなどに使われているようだ。他にも二次電池の材料だったり発光ダイオード、光学ガラス、研磨剤、磁石などに使われる。

主に家電製品(エレクトロニクス製品)の性能向上に必要不可欠なものと考えておけばいいだろう。つまり世界的に非常に需要のある素材と言える。もし日本の海域から世界需要数百年分のレアアースを採掘できれば、日本は一気に資源大国となる可能性を秘めている。夢のある話である。

レアアース関連銘柄 一覧

  • 1606    日本海洋掘削   海洋開発・探査・採掘技術
  • 6269    三井海洋開発   海洋開発・探査・採掘技術
  • 6297    鉱研工業     地下資源工事用の掘削機械
  • 1662    石油資源開発   海洋資源調査技術
  • 5711    三菱マテリアル  レアアースのリサイクル技術
  • 5714    DOWA HD  レアアースのリサイクル技術
  • 5724    アサカ理研    レアアースのリサイクル技術
  • 5857    アサヒHD    レアアースのリサイクル技術
  • 4063    信越化学工業   レアアース磁石製品
  • 4004    昭和電工     化学メーカー ベトナムにレアアース原料の子会社
  • 7456    松田産業     レアメタル・レアアースのリサイクル技術
  • 8002    丸紅       レアアースを取り扱う商社
  • 8015    豊田通商     レアアースを取り扱う商社
  • 8031    三井物産     レアアースを取り扱う商社
  • 8053    住友商事     レアアースを取り扱う商社
  • 8058    三菱商事     レアアースを取り扱う商社
  • 2768    双日       レアアースを取り扱う商社
  • 3036    アルコニックス  レアアースを取り扱う商社

レアアース泥開発推進コンソーシアム企業メンバー(上場企業)

なお、今回小笠原諸島・南鳥島周辺の海域でレアアースが大量にあることを発見した研究グループの「東京大学「加藤泰浩」教授が座長を務めるレアアース泥開発推進コンソーシアムのメンバー企業にも注目しておきたい。

  • 4204    積水化学工業
  • 5233    太平洋セメント
  • 1885    東亜建設工業
  • 9501    東京電力ホールディングス
  • 7203    トヨタ自動車
  • 1963    日揮
  • 1606    日本海洋掘削
  • 9101    日本郵船
  • 5715    古河機械金属
  • 6269    三井海洋開発
  • 5706    三井金属
  • 1821    三井住友建設

レアアース関連銘柄 本命株・出遅れ株

それではレアアース関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

レアアース関連銘柄 本命株 日本海洋掘削

日本海洋掘削のイメージ画像

時価総額:37,980百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 1.62倍
≪2018/04/11時点≫

日本海洋掘削はレアアース関連銘柄の本命銘柄と言えるのではないだろうか?!レアアースを取り扱う商社系の銘柄や、レアアースのリサイクル技術を持つ銘柄などもレアアース関連銘柄と言えるが、今回、日本の海域内に莫大な量のレアアースが眠っていることが判明し、物色人気が高まっているということは海洋資源の掘削に関連する銘柄こそが本命株と言えるだろう。

日本海洋掘削は、社名からもわかる通り海洋掘削を手掛ける企業。基本的には石油・天然ガスなどの探鉱・開発等を請け負っているが、その技術はレアアース泥の開発技術にも通じる部分があるのでは?という思惑から注目を集めている。

また、日本海洋掘削は小笠原諸島・南鳥島周辺の海域でレアアースが大量にあることを発見した研究グループの「東京大学「加藤泰浩」教授が座長を務める「レアアース泥開発推進コンソーシアム」のメンバー企業でもある点にも注目だ。

また、レアアース関連銘柄は基本的に時価総額規模の大きな銘柄が多いが、日本海洋掘削の時価総額規模は比較的小さめと言える。小粒銘柄とまではいかないが、レアアース関連銘柄のなかでは値動き妙味のあるほうだと言えるのではないだろうか。

当方は日本海洋掘削をレアアース関連銘柄の本命株として注目する。

レアアース関連銘柄 本命株 三井海洋開発

三井海洋開発のチャート画像

時価総額:157,096百万円
PER:(連) 11.22倍
PBR:(連) 1.15倍
≪2018/04/11時点≫

三井海洋開発もレアアース関連銘柄の本命株として注目したい。三井海洋開発は海洋石油・ガス開発プロジェクトに用いられる浮体式海洋石油ガス生産設備の設計・建造・リースなどを提供する企業だが、将来的な取り組みとしてメタンハイドレートやレアアース泥など海底鉱物資源開発事業にも注力するとしている。

三井海洋開発の浮体設備・係留技術や洋上生産技術など独自の技術・ノウハウをレアアース泥の採取など、海洋資源開発にも活かせるという考えだ。

三井海洋開発も「レアアース泥開発推進コンソーシアム」のメンバー企業でもある。こちらも立派なレアアース関連銘柄の本命株と言えるだろう。

ただ、三井海洋開発は時価総額規模がそこそこ大きめ。値動きは少し緩やかになりそうだ。値動き妙味の観点では日本海洋掘削のほうが面白みはありそうか。

レアアース関連銘柄 本命株・思惑株 鉱研工業

鉱研工業のチャート画像

時価総額:5,427百万円
PER:(連) 27.13倍
PBR:(連) 1.61倍
≪2018/04/11時点≫

鉱研工業にもレアアース関連銘柄としての物色が集まっているようだ。鉱研工業は温泉や地下水開発のプロフェッショナル。ボーリングマシンなど地下資源工事用の掘削機械などを手掛ける企業だ。

だが、鉱研工業のホームページを見る限りだと陸上の地下資源掘削機械は手掛けているが、海洋資源の掘削機械を手掛けてはいないようだ。つまり、おそらく今の段階だと思惑銘柄といったところか。鉱研工業がもし海上でも使える地下資源開発機械を手掛けているのならば、大本命となるだろうが、今のところは期待のし過ぎは禁物かもしれない。

ただ鉱研工業はレアアース関連銘柄のなかでも特に時価総額規模が小粒な銘柄。値動き妙味の面ではかなり面白みがあると言える。思惑株ではあるが、引き続き注目したいレアアース関連銘柄だ。

レアアース関連銘柄 本命株 石油資源開発

石油資源開発のチャート画像

時価総額:143,173百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 0.33倍
≪2018/04/11時点≫

石油資源開発もレアアース関連銘柄の一角として注目しておきたい。石油資源開発は石油・天然ガスの開発・生産・輸送・販売などを手掛けている企業で、次世代海洋資源の調査技術も研究している。

石油開発で培った技術と経験をもとに、海洋調査技術の開発へ貢献するため、2014年12月に民間3社とともに次世代海洋資源調査技術研究組合(J-MARES)を設立している点にも注目だ。

なお石油資源開発の時価総額規模はそこそこ大きめなので、短期的な値動き妙味では少し面白みに欠けるかも。

レアアース関連銘柄 まとめ

日本の排他的経済水域に莫大な量のレアアースがあることが判明したことは非常に良いニュースと言える。あとはこれを掘り起こすコストと見合うかどうかと言えるだろう。レアアースの低コストな掘削技術が開発されれば、日本は夢の資源大国となる可能性がある。レアアース関連銘柄は今後、息の長いテーマ株として注目されるかもしれない。レアアース関連銘柄本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

なお、当サイトではレアアース関連銘柄の近縁テーマ「コバルト」に関連する銘柄も別ページにまとめてある。重複する銘柄も多いので併せて把握しておくとよいだろう。

コバルト関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ