ライドシェア関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年04月09日(月)投稿】

ライドシェアのイメージ画像

ライドシェアという言葉はご存知だろうか。

ライドシェアとは車を相乗りして移動する需要をマッチングさせるソーシャルサービスの総称であり、アメリカや中国など海外では一般的に普及しているサービスである。

要は自家用車で人を乗せてお小遣い稼ぎをしたい人と相乗り利用者をマッチングさせるサービスのことだ。

日本においては自家用車をタクシーとすることは「白タク行為」として法律で禁止されてきたため、ライドシェアは現在のところ全く普及していないが、これから2020年の東京オリンピックに向けて訪日外国人客が急増することや、過疎地での移動手段確保のために日本でも「ライドシェア」を解禁しようという動きが出てきている。

現在、政府の規制改革推進会議ではライドシェア解禁に向けた議論が始まっている。ライドシェアは責任や危険も伴うため、慎重な検討が必要とされているが、将来的にはライドシェアが解禁される可能性は十分にありそうだ。

日本の株式市場においてもライドシェア関連銘柄は見逃せないテーマ株となる可能性がある。と、いうことでこのページではライドシェア関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

ライドシェア関連銘柄とは

ライドシェア関連銘柄とは、その名の通ライドシェアに関連する銘柄の総称である。

ライドシェアはタクシーよりも安い料金で利用できること、また自家用車をもつ人にとっては気軽にお小遣い稼ぎができることなどからアメリカ・中国など諸外国では一般的に普及しているサービスである。アメリカではウーバー(Uber)やリフト(Lyft)などベンチャーながら爆発的に成長した企業もある。

これまで日本ではタクシー以外の乗用車(自家用車)で、タクシー行為をするのは「白タク行為」として法律で禁止されていたが、ここにきて政府でもライドシェア解禁に向けた議論が行われている。将来的に日本でもライドシェア解禁となれば、日本でもライドシェア事業に参入するライドシェア関連銘柄は大きく成長する可能性がありそうだ。

ライドシェア業界の巨人 ウーバー(Uber)とは?

ウーバー(Uber)のイメージ画像

ライドシェアを語るうえで米ウーバーテクノロジーズは見逃せない企業だ。ウーバーテクノロジーズはアメリカ シリコンバレーにあるベンチャー企業。2009年に創業したばかりにも関わらずすでに時価総額10兆円程度の規模となる凄い企業。

ウーバーテクノロジーズは自動車の配車アプリ「ウーバー(Uber)」を手掛けており、ウーバー(Uber)は現在世界70カ国・450以上の都市で展開されている。

知らない人も多いと思うが実はウーバー(Uber)はすでに日本に上陸している。ウーバーは2013年09月に日本法人「ウーバージャパン」を登録しており、東京でのタクシー配車サービスをしていたり、また福岡市では外国のサービス同様「一般人の自家用車での相乗りサービス」のテストを開始していた。
だが「一般人の自家用車での相乗りサービス」については国交省から「自家用車の運送は白タクに当たるので中止しなさい」と指導が入ったようだ。

まだ日本ではライドシェアが解禁されていないため、ウーバー(Uber)はさほど知られていないが、ライドシェアが解禁されれば一気に日本でも広まる可能性が高い。

またウーバー(Uber)と組む日本企業があれば、ライドシェア関連銘柄の本命株として注目が集まる可能性が高そうだ。ウーバー(Uber)はライドシェア業界ではもっとも世界的な企業と言えるので、日本における活躍にも注目しておくべきと言えるだろう。

ライドシェアとカーシェアリングの違いとは?

ライドシェアと似た言葉でカーシェアリングというものがある。ごっちゃになりそうなので違いを明確にしておこう。

ライドシェア:「移動時間を共有(シェア)すること」
カーシェアリング:「車を共有(シェア)すること」

ライドシェアは「自家用車を持つ人」と「移動したい人」がマッチングするサービスであり、カーシェアリングはどちらかというとレンタカーに近い印象。カーシェアリングは短時間でも利用できる無人レンタカーと考えるのがわかりやすいかもしれない。

ライドシェアとカーシェアリングは異なるものだが関連性は近く、日本でライドシェアが解禁されればカーシェアリング事業を手掛ける企業はライドシェア分野にも参入してくる可能性がある。近縁テーマとしてカーシェアリング関連銘柄にも注目しておくべきと言えそうだ。

ライドシェア関連銘柄 一覧

  • 3669    モバイルクリエイト タクシーの配車アプリ
  • 9082    大和自動車交通   ドライバーサービス
  • 2432    ディー・エヌ・エー 個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」
  • 4755    楽天        米ライドシェア企業「Lyft(リフト)」に出資
  • 3775    ガイアックス    相乗りマッチング型長距離ライドシェアサービス「ノッテコ(notteco)」

ライドシェア関連銘柄 本命株・出遅れ株

それではライドシェア関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

ライドシェア関連銘柄 本命株 モバイルクリエイト

モバイルクリエイトのチャート画像

時価総額:8,707百万円
PER:(連) 43.52倍
PBR:(連) 1.86倍
≪2018/04/09時点≫

モバイルクリエイトはライドシェア関連銘柄の本命株と言えるのではないだろうか。モバイルクリエイトはタクシーやバス向け移動体管理システムを提供している会社。具体的にはタクシーの配車アプリを手掛けている点に注目だ。

タクシーの配車アプリはライドシェアのマッチングアプリとも近しく、日本でライドシェアが解禁されれば、参入の障壁は低そうだ。

モバイルクリエイトは時価総額規模も小粒で値動きも軽い銘柄。値動き妙味の観点からもライドシェア関連銘柄の本命株と言えそうだ。

※ちなみにモバイルクリエイトは、石井工作研究所と経営統合を発表しており、2018年06月27日に上場廃止となり、7月に新会社が上場する予定となっている。

ライドシェア関連銘柄 本命株 大和自動車交通

大和自動車交通のチャート画像

時価総額:6,547百万円
PER:(連) 8.31倍
PBR:(連) 0.67倍
≪2018/04/09時点≫

大和自動車交通もライドシェア関連銘柄の株として注目しておきたい。大和自動車交通は都内ハイヤー・タクシー大手4社のうち一角。普通に考えればライドシェアが解禁されればタクシーにとっては、かなりのライバルが出現することになる。

だが、大和自動車交通は国土交通省と共同でタクシーを相乗りで割安で利用できる「相乗りタクシー」の実証実験をしている点に注目したい。相乗りタクシーは配車アプリを利用して複数の利用者をマッチングして、1台のタクシーに乗ることで割安にできるサービス。こちらはかなりライドシェアに近いサービスと言える。

ライドシェアが解禁されるとタクシーにとっては強大なライバルとなるため、タクシー企業も必死で対抗策を練っているのだろう。もしライドシェアが解禁されれば、大和自動車交通も参入してくる可能性もあるかもしれない。

ちなみに大和自動車交通も時価総額規模は小さく値動きは軽い銘柄。こちらも値動き妙味の観点からも本命株として注目したい。

ライドシェア関連銘柄 本命株 ディー・エヌ・エー

ディー・エヌ・エーのチャート画像

時価総額:308,105百万円
PER:(連) 12.56倍
PBR:(連) 1.16倍
≪2018/04/09時点≫

ディー・エヌ・エーもライドシェア関連銘柄の本命株として注目しておきたい銘柄だ。ディー・エヌ・エーは「エニカ(Anyca)」というカーシェアリングアプリを手掛けている点に注目。

エニカは個人間でのカーシェアをマッチングするアプリだ。カンタンに言うと、車のオーナーが普段使っていない車を利用者に対して短期間でシェアするというもの。車のオーナーもお小遣いが入るし、利用者は通常のレンタカーよりも安く車を借りることができる。また、都内近郊ではポルシェやベンツなどの高級車やスポーツカーなどもたくさんシェアされているので、そういう車を乗ってみたい人にも嬉しいサービスだ。

こういった個人間でのカーシェアリングは、ライドシェアと非常に近いサービスに思える。日本でライドシェアが解禁されれば、ディー・エヌ・エーは「エニカ(Anyca)」のライドシェアバージョンも簡単に作ってくる可能性がある。

ただし、ディー・エヌ・エーは時価総額規模がかなり大きな企業なので、短期スタンスでの値幅取りには向いていない。値動き妙味の観点では本命とはいえないかもしれないが、事業的にはライドシェア関連銘柄の中核株に思える。注目しておくべきだ。

ライドシェア関連銘柄 本命株 楽天

楽天のチャート画像

時価総額:1,188,831百万円
PER:—倍
PBR:(連) 1.63倍
≪2018/04/09時点≫

楽天もライドシェア関連銘柄の一角として注目だ。楽天はアメリカのライドシェアベンチャー企業「リフト(Lyft)」に出資している点に注目だ。「リフト(Lyft)」はライドシェア分野で米ウーバー(Uber)に次いで有名な企業だ。

ただし、楽天は言うまでもなく巨大企業。値動きは軽くないのでこちらも短期的な値幅取りには向いているとは言えない。中長期スタンスが前提の銘柄と言えるだろう。

ライドシェア関連銘柄 本命株 ガイアックス

ガイアックスのチャート画像

時価総額:3,238百万円
PER:—倍
PBR:(連) 3.59倍
≪2018/04/09時点≫

ガイアックスもライドシェア関連銘柄の一角として注目。ガイアックスはシェアリングエコノミー分野に注力する企業で、ライドシェア関連としては子会社として株式会社nottecoを設立している点に注目だ。

nottecoは国内最大のライドシェアサービス「ノッテコ(notteco)」を運営する企業。「ノッテコ(notteco)」は同じ目的地を目指す相乗り相手を探すマッチングサービスでガソリン代や高速代などは割り勘になるらしい。相乗り相手を探すだけで金銭の授受がなければ白タク行為には当たらないということだろう。

まさにライドシェア事業を手掛ける本命銘柄だ。ガイアックスは時価総額規模も小粒で値動きも軽い点も面白い。当方はガイアックスをライドシェア関連の本命株として注目したい。

ライドシェア関連銘柄 まとめ

ライドシェアは自家用車で人を運送するサービスであり、第二種運転免許など特別な資格を持たずともタクシーのような行為をできるようになるため、危険も伴う。したがって日本政府は解禁に慎重な姿勢をとっているが、ライドシェアは急増する訪日外国人観光客に対応する手段にもなるし、また過疎地におけるドライバー不足解消の手段としても有効である。

将来的には解禁される可能性も高く、またアメリカではウーバー(Uber)やリフト(Lyft)など、ライドシェア事業を手掛ける成長企業も出てきている。ウーバー(Uber)やリフト(Lyft)が短期間で大きく成長したということはライドシェア分野の市場規模が大きいという証明ともいえる。

日本でもライドシェア解禁に向けて動きがあれば、かなり注目されるテーマ株と言えるだろう。またライドシェア解禁に向けた報道などが出れば、その都度注目度が上がるテーマ株と言える。本命株出遅れ株はしっかりと把握しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ