液体ミルク関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 液体ミルク関連銘柄

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年03月13日(火)投稿】

液体ミルクのイメージ画像

日本でも「液体ミルク」が解禁しそうだ。

厚生労働省が2018年03月12日(月)に、乳児用の液体ミルクについて製造の規格基準をまとめた。液体ミルクは2018年夏にも解禁される見通しのようだ。

お子さんのいない人からすれば意外にも思えるかもしれないが、日本では赤ちゃん向けのミルクでは「粉ミルク」しか販売されていない。これは、乳児向けのミルクでは粉ミルク以外の規格基準が設けられていないため、液体ミルクを製造販売できないからである。

液体ミルクは海外では広く普及しているもので、粉ミルクとは違ってもともと液体であるため、粉を熱湯で溶かす必要もなく、またひと肌に冷ます必要もないため、育児の負担が大きく軽減される。さらに常温で保存できるため、災害時など清潔な水が用意できない状況の時に強い味方になる。

実際に2011年の東日本大震災のときなどには救援物資として海外製の液体ミルクなどが送られたようだが、お子様のいる被災者の方々は大変助かったようだ。

液体ミルクはかねてより育児家庭の負担軽減、そして災害時の乳児向け非常食として解禁が期待されていたが、2018年に遂に日本でも解禁の動きに向かいそうだ。

日本の株式市場においても、液体ミルク関連銘柄に注目が集まる可能性もあるかもしれない。このページでは液体ミルク関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめておく。

液体ミルク関連銘柄とは

液体ミルク関連銘柄とはその名の通り幼児向けの液体ミルクを手掛ける銘柄の総称である。

日本では乳児向けのミルクは粉ミルクしか規格基準が定められていないため、液体ミルクの製造・販売はできなかったが、ついに2018年夏にも解禁される見通しとなった。

液体ミルクは海外では一般的に普及しており「すぐに飲める」「温かいお湯が必要ない」「洗い物もない」など粉ミルクに比べて格段に手間が少なく、また常温保存できるため災害時の乳児用非常食としても有用。今でも海外通販などで液体ミルクを手に入れることは可能だが、やはり値段は高い。

日本で液体ミルクが解禁された場合でも、粉ミルクよりは値段が高くなるらしいがそれでも手間の軽減を考えれば子育て家庭に重宝されるだろう。

液体ミルク関連銘柄はおもに「粉ミルク」の製造・販売を手掛ける企業が参入してくる可能性が高そうだ。

液体ミルク関連銘柄に過度な期待は禁物?!

ただし、液体ミルク関連銘柄というテーマ性に過度な期待はしない方がよいかもしれない。おそらく、液体ミルクの開発・販売などに参入してくる企業は、これまで粉ミルクの製造販売を手掛けてきた企業だろう。だとすれば、粉ミルクの需要が液体ミルクへ移るだけなので、それほど利益的なメリットは生まない可能性がある。というか、液体ミルクの開発費用や設備投資費用などが必要になるため、むしろ関連銘柄としてはマイナスの要因すらあると言えるだろう。

日本はただでさえ少子高齢化社会であり、今後、乳児向け食品の需要が爆発的に増えるということも今のところは考えづらい。

「液体ミルク解禁」という話題で、一時的に物色される可能性はあっても継続的に注目されるテーマ株とはならない可能性が高そうだ。液体ミルク関連銘柄はあくまでも一時的な注目テーマであることを理解しておこう。

液体ミルク関連銘柄 一覧

  • 2270    雪印メグミルク    粉ミルク製造・販売
  • 2269    明治HD       粉ミルク製造・販売
  • 2264    森永乳業       粉ミルク製造・販売
  • 2206    江崎グリコ      粉ミルク製造・販売
  • 2502    アサヒグループHD  粉ミルク製造・販売

液体ミルク関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは液体ミルク関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

液体ミルク関連銘柄 本命株 雪印メグミルク

雪印メグミルクのチャート画像

時価総額:209,638百万円
PER:(連) 15.46倍
PBR:(連) 1.31倍
≪2018/03/13時点≫

液体ミルク関連銘柄は、粉ミルクの製造・販売を手掛けていた銘柄が参入してくる可能性が高いだろう。だとすれば、乳製品の食品大手で粉ミルク「ぴゅあ」や「たっち」などを手掛ける雪印メグミルクも液体ミルク業界に参入してくる可能性が高い本命株と言えるだろう。

雪印メグミルクの時価総額規模は小粒とはいえないので、取り組みスタンスは中長期が前提となりそうだ。

液体ミルク関連銘柄 本命株 明治ホールディングス

明治ホールディングスのチャート画像

時価総額:1,219,940百万円
PER:(連) 17.99倍
PBR:(連) 2.41倍
≪2018/03/13時点≫

乳製品などを手掛ける明治ホールディングスは粉ミルク「ほほえみ」などを手掛けており、こちらも液体ミルクに参入してくる可能性が高い本命株と言えるだろう。明治ホールディングスは時価総額規模が大きいので、短期スタンスでの妙味は少し薄そうだ。

液体ミルク関連銘柄 本命株 森永乳業

森永乳業のチャート画像

時価総額:221,092百万円
PER:(連) 15.69倍
PBR:(連) 1.38倍
≪2018/03/13時点≫

森永乳業も液体ミルクに参入してくる可能性が高い本命株と言えるだろう。森永乳業は粉ミルク「はぐくみ」などを製造販売しており、粉ミルク分野では大きなシェアを誇る。森永乳業の時価総額規模は、雪印メグミルクとほぼ同水準。少し規模が大きめなので、中長期スタンスが前提か。

液体ミルク関連銘柄 本命株 江崎グリコ

江崎グリコのチャート画像

時価総額:377,700百万円
PER:(連) 22.09倍
PBR:(連) 1.71倍
≪2018/03/13時点≫

江崎グリコはチョコレートやスナック菓子などを手掛けるお菓子メーカーだが、乳幼児向けの粉ミルクの製造販売を手掛けるアイクレオを擁する。こちらも液体ミルクに参入してくる可能性は高いと言えるだろう。

液体ミルク関連銘柄 本命株 アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングスのチャート画像

時価総額:2,735,645百万円
PER:(連) 18.25倍
PBR:(連) 2.26倍
≪2018/03/13時点≫

アサヒビールでお馴染みのアサヒグループホールディングスも液体ミルク関連銘柄の一角と言えるだろう。アサヒグループは、2017年7月に粉ミルクなどのベビーフードを手掛ける「和光堂」を吸収合併している。こちらも液体ミルク解禁により、参入してくる可能性が高そうな関連株と言えるだろう。

ただしアサヒグループホールディングスは時価総額規模がかなり大きめ。値動きも相応に重いので液体ミルク関連の材料だけでは、大きな値動きは見込めないかもしれない。取り組むとすれば中長期スタンスが前提の銘柄だ。

液体ミルク関連銘柄 まとめ

日本での液体ミルク解禁は、子育てをする家庭の負担軽減や災害時の非常食としての大きなメリットがあるが、関連企業の利益的メリットは少ないかもしれない。乳児の数が増えるわけではなく、粉ミルクの需要が液体ミルクへと移行するだけだからだ。さらに設備投資・開発費用なども必要となるので、むしろ関連企業にとってはマイナス要因も考えられる。

液体ミルク関連銘柄は話題性により注目される可能性はあるが、継続的に注目されるテーマとはいえないかもしれない。一時的な注目テーマとなる可能性も踏まえておくべきだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年の株式市場は昨年に比べてやや波乱の傾向が強く、少し難易度が上がったように感じる。

だが、波乱相場は上手く立ち回ることができれば大きく稼ぐチャンスでもある。上がり続ける株も下がり続ける株も存在しない。動きを見極めて立ち回ることこそ肝要だ。

当方は2018年も注目すべきはテーマ株だと思う。

直近の波乱相場においても仮想通貨関連銘柄・無人レジ関連銘柄・5G関連銘柄など旬なテーマ株は軟調相場など「どこ吹く風」の急騰を見せている。チャンス相場においてはもちろんのこと、波乱相場においても注目されるテーマ株は強いという実例だ。

株式市場ではその時々によって注目テーマが目まぐるしく変わるが、それらの旬なテーマ株を掴むことができれば一気に大きく稼ぐことは不可能性ではない。

今後の相場において、次の注目テーマを追いたい人は以下の2サイトをチェックしておくことをオススメする。

 

株エヴァンジェリスト 業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。仮想通貨関連銘柄「シーズメン:6日連続ストップ高で株価3.56倍」、無電柱化関連銘柄「日本興業:およそ3週間で株価2.22倍」、インバウンド関連銘柄「北の達人:株価3.46倍」、パワー半導体関連「前田製作所:株価3.34倍」、リチウムイオン電池関連「FDK:株価2.01倍」、秋元関連「ビーマップ:株価4.18倍」など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

これだけたくさんのテーマ性を帯びた銘柄を動意づく前に推奨している点、当方には偶然にはとても思えない。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるが、ここの推奨銘柄の推移を見る限り、情報に精通している顧問サイトであることは確かだと思う。

株エヴァンジェリストは無料のメルマガ登録をすればすぐに「業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株」を配信してくれるのでまだ貰っていない人は貰っておくべきだ。これ実際に当方も配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

とにかくここの推奨する銘柄は面白く火柱を立てて急騰するケースもある。株エヴァンジェリストは有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

新生ジャパン投資 経済対策28兆円の恩恵?ある材料とは

Ads by Cueinc.


「勝ち馬に乗りたい」
ならば新生ジャパン投資をオススメしたい。単純な話、ここは2016年にテーマ性を帯びた大化け銘柄をバンバン推奨してきたからだ。当方はここのテーマ株の選定眼を高く評価する。

ざっと書き出すとフィンテック・人工知能関連のSJIがおよそ2週間で株価5.1倍、バイオ関連のグリーンペプタイドがおよそ2ヶ月で株価5.0倍、人工知能(AI)関連の日本ラッドがおよそ2週間で株価2.8倍、人工知能(AI)関連のロゼッタがおよそ2ヶ月で株価2.0倍、越境EC関連・アプリ関連のブランジスタがおよそ1ヶ月で株価2.5倍などなど数え上げればキリがないのでこの辺にしておくが、株価5倍レベルの大化け推移を複数当てているのは見事の一言だ。

それに改めてみると上記のどの銘柄もテーマ性を強く帯びた銘柄ばかり。今後もテーマ性が強く意識される相場になると思う。ならばここは見ておくべき。

それと、ここは無料のメルマガ登録をすることですぐに「実力を証明するために無料情報を教えてくれる」のだが、この無料情報の触れ込みもかなり興味深い。こんなことが書いてるのだ。

今回実力証明のため無料で推奨させて頂く銘柄はアベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄です。

これまで数々の大化け銘柄を推奨してきたサイトだし、今回の触れ込みも非常に面白そうだ。2018年も当方は新生ジャパンに注目する。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ