電子レシート関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2018年02月13日(火)投稿】

レシートのイメージ画像

電子レシートというものをご存知だろうか?

電子レシートとは、従来の紙のレシートとは異なりスマホアプリなどで管理できる電子化された買い物レシートのことだ。

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年02月13日より東京都町田市において「電子レシート」の標準データフォーマット化の実証実験を行うとしており、株式市場においても電子レシート関連銘柄に注目が集まりつつあるようだ。

このページでは電子レシート関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめていく。

電子レシート関連銘柄とは

電子レシート関連銘柄とは、その名の通り電子レシートに関連する製品・サービスを手掛ける銘柄の総称である。

まず電子レシートとはなにか?という点から説明しよう。電子レシートとは従来の紙のレシートとは異なり、スマホアプリによって電子化されたデータで管理することができる買い物レシートのことである。

従来の紙のレシートは捨てられることが多かったが、電子レシートの場合は消費者としても家計簿アプリなど、さまざまなアプリに簡単に流用することができ大きなメリットがある。そして、企業側にとっても電子レシートで管理されるデータは消費者行動を詳細に分析できるという大きなメリットがある。言わば、各個人の消費行動のビッグデータを簡単に取得することができるのだ。

だが、多くの場合で電子レシートのデータフォーマットは各事業者で異なるため、消費者が複数のお店で買い物をしたデータを統合することが難しく、これまでは企業にとっても消費者にとっても使いづらいものであった。この電子レシートのデータフォーマットの違いに対し、経済産業省とNEDOが共同で電子レシートの標準データフォーマットを整えるべく、東京都町田市で2018年02月13日より電子レシート標準仕様を検証する実証実験に入ったということだ。

電子レシートの標準フォーマットが策定されれば、これは非常に価値のあるものとなりそうだ。

消費者にとっては複数のお店で買い物をしても一つのスマホアプリで簡単にレシートデータを管理することができ家計簿アプリとの連携もできる。企業側にとっては各個人の正確な消費行動をビッグデータとして分析できる。企業側が電子レシートを分析し、新たな製品やサービスの開発に活かせる可能性がある。

今後、電子レシートが一般化していけば株式市場においても無視できない一つのテーマ株となる可能性がある。電子レシート関連銘柄本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。

電子レシート関連銘柄 一覧

  • 6588    東芝テック      経産省・NEDOと連携し電子レシートの実証実験を受託
  • 3784    ヴィンクス      経産省・NEDOの電子レシート実証実験にシステム協力
  • 4287    ジャストプランニング 経産省・NEDOの電子レシート実証実験にシステム協力
  • 4326    インテージHD    経産省・NEDOの電子レシート実証実験にシステム協力
  • 6702    富士通        経産省・NEDOの電子レシート実証実験にシステム協力
  • 9613    NTTデータ     子会社が経産省・NEDOの電子レシート実証実験にシステム協力
  • 2760    東京エレクトロン   経産省・NEDOの電子レシート実証実験にクラウド/IoT分野で協力
  • 8056    日本ユニシス     経産省・NEDOの電子レシート実証実験にクラウド/IoT分野で協力
  • 3938    LINE       経産省・NEDOの電子レシート実証実験にスマホアプリ分野で協力
  • 3994    マネーフォワード   経産省・NEDOの電子レシート実証実験にスマホアプリ分野で協力
  • 7912    大日本印刷      経産省・NEDOの電子レシート実証実験にスマホアプリ分野で協力
  • 3098    ココカラファイン   経産省・NEDOの電子レシート実証実験に店舗協力
  • 3141    ウエルシアHD    経産省・NEDOの電子レシート実証実験に店舗協力
  • 9946    ミニストップ     経産省・NEDOの電子レシート実証実験に店舗協力
  • 7718    スター精密      電子レシートサービスを提供
  • 8355    静岡銀行       スター精密と共同で静岡市内で電子レシートの実証実験
  • 2352    エイジア       電子レシートメール送信サービス
  • 2489    アドウェイズ     電子レシートシステムの「ログノート」に出資
  • 4751    サイバーエージェント 電子レシートシステムの「ログノート」に出資
  • 3622    ネットイヤーグループ 購買データ分析アプリケーション「シースリーバリュー」を運用
  • 3906    ALBERT     ビッグデータを活用した販売促進分析
  • 3978    マクロミル      消費者購買履歴データ「QPR」
  • 9466    アイドマMC     流通小売り領域に特化したマーケティング支援
  • 3048    ビックカメラ     すでに店舗に電子レシートを導入
  • 7532    ドンキホーテHD   すでに店舗に電子レシートを導入

電子レシート関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは電子レシート関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

電子レシート関連銘柄 本命株 東芝テック

東芝テックのチャート画像

時価総額:176,633百万円
PER:(連) 18.71倍
PBR:(連) 2.35倍
≪2018/02/13時点≫

電子レシート関連銘柄の本命株は東芝テックだろう。東芝テックは電子レシートシステム「スマートレシート」を運営しており、経済産業省とNEDOによる電子レシートの標準データフォーマットを検証する実証実験を受託した企業である。つまりこの実証実験の委託事業者である。

今回の電子レシート実証実験では、東芝テックの電子レシートシステム「スマートレシート」をベースに標準データフォーマットやAPIを実装した電子レシートプラットフォームを使用している。

今回の電子レシート実証実験を経て、電子レシートの標準データフォーマットが策定されるとすれば、東芝テックの「スマートレシート」がベースになる可能性が高そうだ。まさに東芝テックは電子レシート関連銘柄の本命株と言えるだろう。

東芝テックは時価総額規模が大きいので短期的な値動き妙味ではやや面白みに欠けると言えそうだ。中長期スタンスでの取り組みが前提となるか。

電子レシート関連銘柄の中核銘柄として外せない銘柄なのでしっかりと把握しておこう。

電子レシート関連銘柄 本命株 ヴィンクス

ヴィンクスのチャート画像

時価総額:10,321百万円
PER:(連) 12.00倍
PBR:(連) 1.35倍
≪2018/02/13時点≫

ヴィンクスは小売・流通向けのPOSシステムと呼ばれる、いわゆるレジソフト開発を手掛ける企業だ。

こちらも電子レシート関連銘柄の一角として注目しておきたい。ヴィンクスは東芝テックが受託した、経産省・NEDOの電子レシートの標準策定実証実験にシステム協力として参画する企業の一つ。

ヴィンクスのPOSパッケージ「ANY-CUBE」の導入企業であるドラッグストアの「ココカラファイン」「ウエルシアHD」の町田市全域のドラッグストアで、電子レシート実証実験を行う。

ヴィンクスは時価総額規模も小粒で値動き妙味の観点からも面白い銘柄と言える。電子レシート関連銘柄の本命株として注目だ。

電子レシート関連銘柄 本命株 ジャストプランニング

ジャストプランニングのチャート画像

時価総額:4,308百万円
PER:(連) 14.36倍
PBR:(連) 1.43倍
≪2018/02/13時点≫

ジャストプランニングは外食業界に特化した業務ソフト開発・運用などを手掛ける企業で、飲食店専用のPOS(レジ)システムなども手掛けている。こちらも電子レシート関連銘柄の一角として注目したい。

ジャストプランニングも東芝テックが受託した、経産省・NEDOの電子レシートの標準策定実証実験にシステム協力として参画する企業の一つだ。

ジャストプランニングも時価総額規模の小粒な銘柄。値動き妙味の観点ならば本命株としてみるのも面白いかもしれない。

電子レシート関連銘柄 本命株 インテージホールディングス

インテージホールディングスのチャート画像

時価総額:46,875百万円
PER:(連) 16.05倍
PBR:(連) 1.89倍
≪2018/02/13時点≫

インテージホールディングスは日本で唯一、消費・販売の量パネル調査網を持つ市場調査・マーケティングリサーチを手掛ける企業だ。インテージホールディングスも東芝テックが受託した、経産省・NEDOの電子レシートの標準策定実証実験にシステム協力として参画する企業の一つである。

インテージはマーケティングリサーチを手掛ける企業なので、今回の電子レシート実証実験においてもデータの分析や、実証実験参加者へのアンケートなどが主な役割となる。

また電子レシートが今後、一般化されていけば、インテージが電子レシートのデータ分析サービスなどを始めることも容易なのではないだろうか。

インテージHDの時価総額規模はそこまで小粒ではないものの値動きが重いというほどでもないだろう。こちらも電子レシート関連銘柄の一角として注目だ。

電子レシート関連銘柄 本命株 東京エレクトロン デバイス

東京エレクトロン デバイスのチャート画像

時価総額:23,022百万円
PER:(連) 18.55倍
PBR:(連) 0.94倍
≪2018/02/13時点≫

東京エレクトロン デバイスも電子レシート関連銘柄として注目しておきたい。東京エレクトロン デバイスは、東芝テックが受託した、経産省・NEDOの電子レシートの標準策定実証実験にクラウド/IoT分野において協力する企業の一つ。こちらも電子レシート関連銘柄として注目しておくべき銘柄だ。

なお、同じく経産省・NEDOの電子レシートの標準策定実証実験にクラウド/IoT分野において協力する企業「日本ユニシス」にも注目。ただ日本ユニシスは少し時価総額規模が大きめなので、値動き妙味の観点では東京エレクトロンのほうが面白そうだ。

電子レシート関連銘柄 本命株 LINE

LINEのチャート画像

時価総額:1,018,381百万円
PER:—倍
PBR:(連) 5.48倍
≪2018/02/13時点≫

スマホ向けのメッセンジャーアプリでお馴染みのLINEも電子レシート関連銘柄の一角として注目だ。
LINEは東芝テックが受託した、経産省・NEDOの電子レシートの標準策定実証実験にスマホアプリ連携の分野で協力する企業の一つ。こちらも電子レシート関連銘柄として注目しておくべき銘柄と言えるだろう。

ただしLINEは時価総額規模が大きく、短期スタンスでは値動き妙味の面で少し面白みに欠けると言えるだろう。中長期スタンスが前提の銘柄だ。

電子レシート関連銘柄 本命株 マネーフォワード

マネーフォワードのチャート画像

時価総額:65,402百万円
PER:(連) —倍
PBR:(連) 16.38倍
≪2018/02/13時点≫

個人向け家計簿アプリを手掛けるマネーフォワードも電子レシート関連銘柄の一角として注目。マネーフォワードもLINEと同じく、東芝テックが受託した、経産省・NEDOの電子レシートの標準策定実証実験にスマホアプリ連携の分野で協力する企業の一つだ。

スマートレシートでは家計簿アプリ「マネーフォワード」と連携することができるので、本命視する見方もありそうな銘柄だ。

マネーフォワードも小粒銘柄とはいえないが、LINEに比べるとかなり時価総額規模は小さい。短期的な値動きの面でもこちらは面白みがありそうだ。

電子レシート関連銘柄 出遅れ株 エイジア

エイジアのチャート画像

時価総額:6,237百万円
PER:(連) 24.60倍
PBR:(連) 3.85倍
≪2018/02/13時点≫

エイジアは今回、東芝テックが受託した電子レシートの実証実験には参画していないが、メールを利用したクラウド型販売支援ソフトを手掛ける銘柄で、電子レシートメール送信サービスも手掛けているため、関連銘柄の一角として注目される可能性はありそうだ。

エイジアは時価総額規模も小粒で値動き妙味もある。電子レシート関連銘柄の出遅れ株として注目か?!

電子レシート関連銘柄 出遅れ株 アドウェイズ

アドウェイズのチャート画像

時価総額:19,586百万円
PER:(連) 82.92倍
PBR:(連) 1.70倍
≪2018/02/13時点≫

アフィリエイト広告大手のアドウェイズも電子レシート関連銘柄の出遅れ株として注目か。アドウェイズも東芝テックが受託した電子レシートの実証実験には参画していないが電子レシートシステムを手掛けるログノート(非上場)に出資することから関連銘柄として注目される可能性がある。

またアドウェイズと同じくログノートに出資する企業としてサイバーエージェントにも注目だ。

電子レシート関連銘柄 出遅れ株 ALBERT

ALBERTのチャート画像

時価総額:4,160百万円
PER:(単) —倍
PBR:(単) 4.59倍
≪2018/02/13時点≫

人工知能(AI)関連銘柄としても注目されるALBERTは電子レシート関連銘柄の出遅れ株としても注目すべきか。ALBERTはビッグデータを活用した販促分析が主力の企業なので、今後電子レシートが一般化すれば、これを分析し販促に活かすサービスができそうだ。AI関連銘柄でもあるので、電子レシートにAIを絡ませれば、より精度の高い分析もできるのではないだろうか。

なお、ALBERTは時価総額規模も小粒で次世代テクノロジーのテーマ性も豊富。間接的ではあるがこちらも電子レシート関連銘柄の出遅れ株として注目だ。

電子レシート関連銘柄 出遅れ株 マクロミル

マクロミルのチャート画像

時価総額:105,572百万円
PER:(連) 21.37倍
PBR:(連) 4.60倍
≪2018/02/13時点≫

マクロミルも東芝テックが受託した電子レシートの実証実験には参画していないが、マーケティングリサーチでインテージHDと並んで首位を誇る企業であり、電子レシートの分析を活かせる企業の一つと言えるのではないだろうか。

すでにマクロミルは消費者購買履歴データ「QPR」を提供しており、電子レシート分析を活かせる土壌はあると言えそうだ。こちらも電子レシート関連の出遅れ株として注目だ。

電子レシート関連銘柄 出遅れ株 アイドママーケティングコミュニケーション

アイドママーケティングコミュニケーションのチャート画像

時価総額:9,315百万円
PER:(単) 15.02倍
PBR:(単) 2.78倍
≪2018/02/13時点≫

アイドママーケティングコミュニケーションもマーケティング分析やプロモーションの提案などを手掛ける企業で、こちらも電子レシート普及がビジネスチャンスになり得る銘柄の一角と言えるだろう。電子レシート関連銘柄のダークホースとして覚えておきたい。

電子レシート関連銘柄 まとめ

経産省とNEDOによる電子レシートのデータフォーマット標準策定が固まり、今後電子レシートが一般化されていけば、市場規模はなかなか大きくなりそうだ。なにしろレジを使用する小売店など無数にある。まずは大企業から普及していくだろうが、いずれは小さな小売店にも普及していく可能性はある。

株式市場においても電子レシート関連銘柄は無視できないテーマ株となる可能性がある。本命株出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておくべきと言えるだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当サイトを見てくれている方はテーマ株に興味を持っている方が大半だと思う。

確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。

2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。

テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。

当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。

特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。

株エヴァンジェリスト
2018年にくるテーマは?!業績寄与度の高いテーマ株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるがいずれにしても「テーマ性を重視した銘柄選定」をしているということは間違いなさそうだ。

株エヴァンジェリストは、有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんをストラテジー顧問に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

↓お次はここだ

株プロフェット
株価12倍のテンバガー銘柄をズバリ!!次に睨む銘柄は?!→『今投資すべきはこの銘柄だ!!』

Ads by Cueinc.


株プロフェットも当方が信頼する投資顧問の一角だ。

当方が株プロフェットに注目するのは、ここが単純にこれまでにたくさんの買い場を読み当ててきているからだ。当方が驚いたのは2016年6月のブリグジットショックの時の大暴落、そして2016年11月の米大統領選でトランプ氏が勝利した時の大暴落の時だ。いずれも株プロフェットは一貫して「この暴落は買い」と提唱していた。

ご存知の通り、どちらの時にも直後に超回復相場が訪れている。株プロフェットの見解をチェックしていた人は爆発的な回復相場に乗れた人も少なくないだろう。

さらに個別銘柄の選定センスもズバ抜けている。もっとも驚いたのは2017年1月時点からリミックスポイントを推奨していた点。リミックスはその後最大株価12倍のテンバガーを達成している。他にもアエリア(株価4.83倍)、日本一ソフト(株価2.48倍)、レカム(株価2.23倍)、トレイダーズ(株価2.05倍)など爆発的な急騰株を数々読み当てている。

株プロフェットでは、今無料で「今投資すべきはこの銘柄だ!!」と豪語する情報を無料で配信しているので、今仕込む銘柄を探している人は見ておくべきだろう。当方、自信をもってオススメする顧問だ。

株プロフェットで無料情報をもらう≫

最後はココだ。

グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!!

Ads by Cueinc.


グラーツ投資顧問は凄まじいサイトだ。ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかくその無料情報が凄い

結論から言うが、ここは2017年1月~7月の7カ月間で計275銘柄もの無料情報を推奨し、その内213銘柄が30日以内に+10%の上昇を達成している。つまり「2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成した」ということだ。

ハッキリ言ってこれは相当凄い。

そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。

しかも+10%超えを達成した銘柄の中には夢展望(株価4.33倍)、enish(株価4.17倍)、オンキヨー(株価2.57倍)など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。

つまり無料情報のうち213銘柄は「あくまで最低でも+10%上昇」ということで中には+10%どころではなく株価1.5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。

「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。

グラーツ投資顧問の無料情報をみる≫

いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。

当方は引き続き上記の投資顧問サイトをチェックしていくつもりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ