年末商戦関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 年末商戦関連銘柄, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年11月13日(月)投稿】

年末商戦のイメージ画像

年末の風物詩といえば、クリスマスや忘年会、大掃除や年末ジャンボ宝くじなどなどさまざまなものがあるが株式市場のうえで注目される風物詩といえば年末商戦ではないだろうか。

年末が近付くとテレビで必ずといっていいほど、百貨店や家電量販店などにおけるボーナス商戦・クリスマス商戦・お歳暮商戦などの模様がクローズアップされる。年末商戦に関連する話題が報じられる時期になると株式市場においても、年末商戦関連銘柄が人気化する傾向にある。

と、いうことでこのページでは年末商戦関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧まとめておく。

年末商戦関連銘柄とは

毎年、年末時期が近付くとお歳暮商戦ボーナス商戦クリスマス商戦、おせち料理・お酒などを買い求める歳末商戦によって小売市場が活況となる。これらのお歳暮商戦・ボーナス商戦・クリスマス商戦・歳末商戦などをひっくるめて「年末商戦という。

年末商戦関連銘柄とは、その名の通り「年末商戦」に関連する銘柄の総称だ。具体的にはお歳暮の品物を手掛ける銘柄や、百貨店や家電量販店により小売を手掛ける銘柄などが該当する。

年末時期で「年末商戦」が話題になると年末商戦関連銘柄が物色される可能性がある。ただしお歳暮・百貨店・家電量販店などを手掛ける銘柄はすでに年末商戦における売上も織り込んでいる可能性もあるため、あまり期待し過ぎるべきのはリスキーかもしれない。あくまで期待は”ほどほど”にしておこう。

年末商戦関連銘柄 一覧

  • 2281    プリマハム     お歳暮
  • 2282    日本ハム      お歳暮
  • 2288    丸大食品      お歳暮
  • 2291    福留ハム      お歳暮
  • 2293    滝沢ハム      お歳暮
  • 8043    スターゼン     お歳暮
  • 2501    サッポロHD    お歳暮
  • 2502    アサヒグループHD お歳暮
  • 2503    キリンHD     お歳暮
  • 2533    オエノンHD    酒類メーカー
  • 9994    やまや       酒類専門店・お歳暮
  • 3086    J.フロントリテ  百貨店
  • 3099    三越伊勢丹HD   百貨店
  • 8233    高島屋       百貨店
  • 8237    松屋        百貨店
  • 8242    H2Oリテ     百貨店
  • 8244    近鉄百貨店     百貨店
  • 8247    大和        百貨店
  • 8257    山陽百貨店     百貨店
  • 8254    さいか屋      百貨店
  • 8260    井筒屋       百貨店
  • 9001    東武鉄道      百貨店
  • 9005    東京急行電鉄    百貨店
  • 9007    小田急電鉄     百貨店
  • 9829    ながの東急百貨店  百貨店
  • 9008    京王電鉄      百貨店
  • 8251    パルコ       ファッションビル百貨店
  • 8252    丸井グループ    ファッションビル百貨店
  • 7513    コジマ       家電量販店
  • 8282    ケーズHD     家電量販店
  • 9831    ヤマダ電機     家電量販店
  • 3048    ビックカメラ    家電量販店
  • 2730    エディオン     家電量販店
  • 7532    ドンキホーテHD  ディスカウント店
  • 8289    オリンピックG   ディスカウント店
  • 7974    任天堂       ゲームメーカー
  • 6758    ソニー       ゲーム・家電メーカー
  • 9873    日本KFC HD  ケンタッキーフライドチキン

年末商戦関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは年末商戦関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしてみよう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため参考までに願う。

年末商戦関連銘柄 本命株 やまや

やまやのチャート画像

時価総額:28,042百万円
PER:(連) 10.78倍
PBR:(連) 1.01倍
≪2017/11/13時点≫

やまやは東北が地盤の酒類専門店を展開する企業だ。年末時期は忘年会やクリスマスシーズンであり、お酒類が良く売れる時期。こちらは年末商戦関連銘柄といっていいだろう。やまやは、普段はあまり目立つ銘柄ではなくPER・PBRともに過熱感がないのもポイントと言えるかもしれない。時価総額規模はそこそこといったところか。値動きの重い銘柄ではなさそうだ。

年末商戦関連銘柄 本命株 任天堂

任天堂のチャート画像

時価総額:6,240,519百万円
PER:(連) 62.23倍
PBR:(連) 4.16倍
≪2017/11/13時点≫

ご存知、大手ゲームメーカーの任天堂も年末商戦関連銘柄の一角といっていいだろう。特に2017年は、任天堂の新作ゲームハード「ニンテンドースイッチ」が発売された年である。さらに、直近では注目のニンテンドースイッチ専用ソフト「スーパーマリオ オデッセイ」が発売されたばかりでもある。2017年の年末は特に注目が集まる可能性がある。ただ、任天堂はここ最近日経平均株価の伸びとシンクロして大きく株価を上げているため過熱感は心配だが。

年末商戦関連銘柄 本命株 福留ハム

福留ハムのチャート画像

時価総額:7,956百万円
PER:(連) 33.96倍
PBR:(連) 1.19倍
≪2017/11/13時点≫

福留ハムは西日本が地盤の食肉中堅。お歳暮を手掛ける点から年末商戦関連銘柄として注目だ。ハム系のお歳暮だとプリマハムや日本ハムなども有名だが、それらに比べて時価総額規模が小さく値動きが軽い点がポイントだ。

年末商戦関連銘柄 本命株 滝沢ハム

滝沢ハムのチャート画像


時価総額:7,557百万円
PER:(連) 15.38倍
PBR:(連) 2.01倍
≪2017/11/13時点≫

滝沢ハムも社名の通り、ハムやソーセージなどを手掛ける企業。こちらもお歳暮を手掛ける点から年末商戦関連銘柄として注目したい。こちらも福留ハムと同様、時価総額の規模が小さいため値動きが軽い点がポイントと言える。

年末商戦関連銘柄 本命株 スターゼン

スターゼンのチャート画像

時価総額:53,010百万円
PER:(連) 11.20倍
PBR:(連) 1.16倍
≪2017/11/13時点≫

スターゼンは食肉卸で首位の企業で全国に販売網をもつ会社だ。こちらも年末にはビジネスチャンスが訪れる銘柄といえる。年末商戦関連銘柄といって差し支えない銘柄だろう。

年末商戦関連銘柄 本命株 オエノンホールディングス

オエノンホールディングスのチャート画像

時価総額:22,168百万円
PER:(連) 21.61倍
PBR:(連) 1.11倍
≪2017/11/13時点≫

オエノンホールディングスは焼酎や日本酒、チューハイ、カクテルやワインなどお酒を手掛けるメーカーだ。特に焼酎に強みをもつ。年末はお酒がよく売れる時期。オエノンも年末商戦関連銘柄と言えるだろう。

年末商戦関連銘柄 本命株 大和

大和のチャート画像

時価総額:3,638百万円
PER:(連) 13.61倍
PBR:(連) 0.41倍
≪2017/11/13時点≫

大和は1923年創設の老舗百貨店だ。お歳暮商戦やボーナス商戦に関連する銘柄と言えるだろう。三越伊勢丹や高島屋などの大手百貨店に比べ、時価総額規模が小粒で値動きが軽い点がポイント。普段あまり目立つ銘柄でもないので、PBRが1倍以下なのも面白そうだ。

年末商戦関連銘柄 本命株 さいか屋

さいか屋のチャート画像

時価総額:1,652百万円
PER:(連) 41.11倍
PBR:(連) 0.99倍
≪2017/11/13時点≫

さいか屋は神奈川の百貨店だ。こちらも時価総額規模が小粒で値動きの軽い銘柄。その他の大手百貨店に比べると面白みがありそうだ。

年末商戦関連銘柄 本命株 井筒屋

井筒屋のチャート画像

時価総額:5,499百万円
PER:(連) 5.49倍
PBR:(連) 0.55倍
≪2017/11/13時点≫

井筒屋は北九州が地盤の老舗百貨店。こちらも百貨店系の銘柄では小粒なほうなので値動きは軽いだろう。短期的なスタンスならこういう小粒銘柄の方が面白みはありそうだ。

年末商戦関連銘柄 まとめ

年末商戦の模様は毎年必ずテレビなどのニュースで報じられる。年末商戦関連銘柄は爆発的な急騰が見込めるテーマ株とはいえないが、ニュースなどで話題が取り上げられればその都度、注目される季節テーマと言えるだろう。毎年ある程度は物色される季節テーマなので、あらかじめ本命株・出遅れ株 一覧を把握しておけば思わぬ利益にありつけるかもしれない。ただし、年末商戦関連銘柄は、年末時期に毎年売上増が見込める銘柄が多く、予め織り込まれている可能性もある。あくまで期待は”ほどほど”に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ2017年も終盤戦だ。2017年は非常に地合いが良かったように思う。
特に10月相場では、日経平均株価が過去最高連騰の16連騰をマークするなど、海外勢による日本株物色も旺盛だ。これから、主力銘柄を追って新興株にも物色が波及すればさらに面白くなりそうだ。

これから年末相場に向けて、さらに日本株市場は盛り上がる可能性を秘めていると思う。

個人投資家の投資マインドも高まっているだろうし、きたる11月相場に向けて仕込む銘柄を探している方も多いだろう。

当方は11月相場も注目すべきはテーマ株だと思う。

例えば、北朝鮮による挑発行為が目立った9月は不安定な波乱相場となったが、それでも防衛関連銘柄や量子コンピューター関連銘柄、ノーベル賞関連銘柄などテーマ性の濃い銘柄は根強く買われた

チャンス相場においてはもちろんのこと、波乱相場においても注目されるテーマ株は強いという実例だ。

今後も臨機応変に注目のテーマ株を追うことで、その都度都度で騰がる銘柄を見つけることは不可能ではないハズだ。

今後の相場において、次の注目テーマを追いたい人は以下の2サイトをチェックしておくことをオススメする。

株エヴァンジェリスト 業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。リチウムイオン電池関連銘柄:FDK(株価2.01倍)、サイバーセキュリティ関連銘柄:大興電子通信(株価2.08倍)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)、「秋元康」関連銘柄:ビーマップ(株価4.18倍)など数え上げればキリがない。

どれもテーマ性を帯びたテーマ性を帯びた銘柄だし、それに驚くべきは「動意づく前段階で推奨している点」である。

リチウムイオン電池関連のFDKにしても、サイバーセキュリティ関連の大興電子通信にしても、急騰直前のピンポイントのタイミングで推奨している点は、当方には偶然にはとても思えない

早耳だからなのか、それとも先読みの凄いスタッフが在籍しているのかは当方にはわかりかねるが、ここの推奨銘柄の推移を見る限り、情報に精通している顧問サイトであることは確かだと思う。

株エヴァンジェリストは無料のメルマガ登録をすればすぐに「業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株」を配信してくれるのでまだ貰っていない人は貰っておくべきだ。これ実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

とにかくここの推奨する銘柄は面白く火柱を立てて急騰するケースもある。株エヴァンジェリストは有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

新生ジャパン投資 経済対策28兆円の恩恵?ある材料とは

Ads by Cueinc.


「勝ち馬に乗りたい」
ならば新生ジャパン投資をオススメしたい。単純な話、ここは2016年にテーマ性を帯びた大化け銘柄をバンバン推奨してきたからだ。当方はここのテーマ株の選定眼を高く評価する。

ざっと書き出すとフィンテック・人工知能関連のSJIがおよそ2週間で株価5.1倍、バイオ関連のグリーンペプタイドがおよそ2ヶ月で株価5.0倍、人工知能(AI)関連の日本ラッドがおよそ2週間で株価2.8倍、人工知能(AI)関連のロゼッタがおよそ2ヶ月で株価2.0倍、越境EC関連・アプリ関連のブランジスタがおよそ1ヶ月で株価2.5倍などなど数え上げればキリがないのでこの辺にしておくが、株価5倍レベルの大化け推移を複数当てているのは見事の一言だ。

それに改めてみると上記のどの銘柄もテーマ性を強く帯びた銘柄ばかり。2017年はテーマ性が強く意識される相場でもあると思う。ならばここは見ておくべき。

それと、ここは無料のメルマガ登録をすることですぐに「実力を証明するために無料情報を教えてくれる」のだが、この無料情報の触れ込みもかなり興味深い。こんなことが書いてるのだ。

今回実力証明のため無料で推奨させて頂く銘柄はアベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄です。

2016年、数々の大化け銘柄を推奨してきたサイトだし、今回の触れ込みも非常に面白そうだ。2017年、当方は新生ジャパンに注目する。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ