クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年10月04日(火)投稿】

分子イメージングのイメージ画像

2017年のノーベル化学賞の受賞者が10月04日に発表されたようだ。残念ながら期待されたリチウムイオン二次電池を開発した旭化成顧問「吉野彰」氏は今年は受賞ならず。

2017年のノーベル化学賞は分子イメージングを簡素化した低温電子顕微鏡を開発した米国・英国・スイスの研究者3氏が受賞されたようだ。

これによって低温電子顕微鏡に関連する銘柄が注目される可能性もあるかもしれない。このページではクライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄)について、本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめていく。

クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄)とは

クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄)とは、その名の通りクライオ電子顕微鏡に関連する銘柄の総称である。

「分子イメージング?クライオ電子顕微鏡?はて?」という人が多いと思うので、まずは分子イメージングクライオ電子顕微鏡についてザックリと説明しておこう。

分子イメージングとは

まず分子イメージングとは生物が生きた状態のまま外部から生体内の遺伝子やタンパク質などの分子の量の変化や働きを可視化し観察する技術のことである。

クライオ電子顕微鏡(低温電子顕微鏡)とは

クライオ電子顕微鏡(低温電子顕微鏡)とは従来までは可視化することのできなかった分子イメージングを行うための道具である。どういう原理で分子イメージングをしているのかは当ページの主旨ではないので割愛するが凄い技術である。

ノーベル賞の選考委員会は「クライオ電子顕微鏡は生化学を新しい時代に変えた」と高く業績を評価しているようだ。

クライオ電子顕微鏡(分子イメージング)はどのような分野で役立つか?

クライオ電子顕微鏡(分子イメージング)はやはり創薬分野で役立つものと考えられる。分子の中でも病気の原因となるタンパク質が次々に明らかになってきており、クライオ電子顕微鏡で解析する細胞表面に存在する膜たんぱく質は医薬品開発の重要なターゲットとなっているようだ。

クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) 一覧

  • 6951    日本電子
  • 7731    ニコン

クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) 本命株・出遅れ株

それではクライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄)のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため参考までに願う。

クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) 本命株 日本電子

日本電子のチャート画像

時価総額:54,721百万円
PER:(連) 38.65倍
PBR:(連) 1.79倍
≪2017/10/04時点≫

クライオ電子顕微鏡関連銘柄本命視したいのは日本電子だろう。日本電子は電子顕微鏡で世界首位の銘柄で、京都大学と共同で極低温電子顕微鏡を共同開発している銘柄だ。この極低温電子顕微鏡で膜たんぱく質の構造解析を行い、創薬分野に貢献する目的とのこと

日本電子はまさにクライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄)の本命と言えるのではないだろうか。2017年のノーベル化学賞を分子イメージングを簡素化する低温電子顕微鏡の開発者が受賞したことで、日本電子に注目が集まる可能性に期待したい。

日本電子は時価総額規模は小粒というほどではないが、値動きが重いという規模でもない。クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄)の本命株として注目したい。

クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) 本命株 ニコン

ニコンのチャート画像

時価総額:779,710百万円
PER:(連) 22.67倍
PBR:(連) 1.40倍
≪2017/10/04時点≫

ニコンクライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄)の一角として注目したい。ニコンは上記の日本電子と提携し、筆頭株主となっている企業。日本電子の繋がりから、関連銘柄の一角として注目だ。ただし、ニコンは時価総額の規模が大きい銘柄なので値動き妙味の観点では少し面白みに欠けるかもしれない。

クライオ電子顕微鏡関連銘柄(分子イメージング関連銘柄) まとめ

2017年のノーベル化学賞をクライオ電子顕微鏡を開発した研究者が受賞したことで、クライオ電子顕微鏡に関連する銘柄に注目が集まるかもしれない。今後も出遅れ株などがあれば追記していきたい。

ただノーベル賞関連銘柄は、受賞発表の後は材料出尽くしで売られる可能性もあるのでその点には注意しておきたい。(クライオ電子顕微鏡関連・分子イメージング関連は事前にそこまで注目されていなかったと思うので大丈夫だとは思うが)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さぁいよいよ10月相場だ!

思えば9月相場は地政学リスクの悪化やら衆院解散総選挙決定など波乱の展開だったが、中盤以降からは日本株も回復傾向で投資家心理も悪くない状況だ。

それにこれから10月はノーベル賞の受賞発表解散総選挙など株式市場に影響を与えるイベントも盛りだくさん。今後、10月相場に向けて仕込む銘柄を探している方も多いだろう。

当方は10月相場も注目すべきはテーマ株だと思う。

9月相場は不安定な波乱相場だったが、それでも防衛関連銘柄量子コンピューター関連銘柄ノーベル賞関連銘柄などテーマ性の濃い銘柄は根強く買われた。

波乱相場においても注目のテーマ株は強いという実例だ。

今後も臨機応変に注目のテーマ株を追うことで、その都度都度で騰がる銘柄を見つけることは不可能ではないハズだ。

今後の相場において、次の注目テーマを追いたい人は以下の2サイトをチェックしておくことをオススメする。

株エヴァンジェリスト 業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。中国関連銘柄:ケアサービス(株価3.52倍)、カジノ関連銘柄:ピクセルカンパニーズ(+129.79%)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)など数え上げればキリがない。

おまけに4月の軟調相場の間隙を縫って爆発的に株価をあげたオービス(株価3.42倍)も動意づく前にズバリ読み当てている。

特にオービスには驚いた。ハッキリ言ってオービスなんて普段は出来高も少ないし、お世辞にも目立つ銘柄ではない。それを材料前にピンポイントで推奨するとは、当方には偶然には思えない。テーマ株だけでなく材料株に対する嗅覚も凄いと思う。

また、無料のメルマガ登録をすればすぐに「業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株」を配信してくれる。これ実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

とにかくここの推奨する銘柄は面白く火柱を立てて急騰するケースもある。株エヴァンジェリストは有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

新生ジャパン投資 経済対策28兆円の恩恵?ある材料とは

Ads by Cueinc.


「勝ち馬に乗りたい」
ならば新生ジャパン投資をオススメしたい。単純な話、ここは2016年にテーマ性を帯びた大化け銘柄をバンバン推奨してきたからだ。当方はここのテーマ株の選定眼を高く評価する。

ざっと書き出すとフィンテック・人工知能関連のSJIがおよそ2週間で株価5.1倍、バイオ関連のグリーンペプタイドがおよそ2ヶ月で株価5.0倍、人工知能(AI)関連の日本ラッドがおよそ2週間で株価2.8倍、人工知能(AI)関連のロゼッタがおよそ2ヶ月で株価2.0倍、越境EC関連・アプリ関連のブランジスタがおよそ1ヶ月で株価2.5倍などなど数え上げればキリがないのでこの辺にしておくが、株価5倍レベルの大化け推移を複数当てているのは見事の一言だ。

それに改めてみると上記のどの銘柄もテーマ性を強く帯びた銘柄ばかり。2017年はテーマ性が強く意識される相場でもあると思う。ならばここは見ておくべき。

それと、ここは無料のメルマガ登録をすることですぐに「実力を証明するために無料情報を教えてくれる」のだが、この無料情報の触れ込みもかなり興味深い。こんなことが書いてるのだ。

今回実力証明のため無料で推奨させて頂く銘柄はアベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄です。

2016年、数々の大化け銘柄を推奨してきたサイトだし、今回の触れ込みも非常に面白そうだ。2017年、当方は新生ジャパンに注目する。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ