選挙関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, 最新注目銘柄速報, 選挙関連銘柄

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年09月19日(火)投稿】

※このページは最後に2017/09/20(水)に追記・更新しました。

選挙のイメージ画像

2017年9月28日に迫った臨時国会の冒頭で、衆議院の解散総選挙となる可能性が高まっている。

解散総選挙となれば、やはり注目は選挙関連銘柄だ。また、選挙関連銘柄は解散総選挙だけでなく、都議会選挙や都知事選などあらゆる選挙の時に注目されるテーマ株である。今後も、定期的に選挙は行われるので、その時のためにも予め選挙関連銘柄本命株出遅れ株を把握しておくのはトレードのアドバンテージとなるハズだ。

ということで、このページでは選挙関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすくまとめて紹介していく。

選挙関連銘柄とは

選挙関連銘柄とは、その名のとおり選挙に関連する銘柄の総称である。選挙時期になると選挙の通知が送られてきたりするが、その通知はがきや封筒などを手掛ける銘柄や、投票用紙や投票箱などといった選挙用具を手掛ける銘柄はダイレクトに恩恵を受ける可能性がある。そういった選挙によって恩恵を受ける銘柄を選挙関連銘柄と呼ぶ。

選挙関連銘柄 一覧

  • 3955    イムラ封筒       封筒首位
  • 9699    西尾レントオール    選挙用品貸し出し
  • 2676    アスクル        文具・選挙用品
  • 6457    グローリー       選挙機材
  • 6809    TOA         拡声器など
  • 7521    ムサシ         選挙機材
  • 2168    パソナグループ     人材派遣
  • 2181    テンプホールディングス 人材派遣
  • 4848    フルキャスト      人材派遣
  • 2449    プラップジャパン    PR事業・広報活動サポート
  • 9735    セコム         警備・セキュリティ
  • 9740    セントラル警備保障   警備・セキュリティ
  • 2331    ALSOK       警備・セキュリティ
  • 9474    ゼンリン        住宅地図
  • 9475    昭文社         住宅地図
  • 4708    りらいあC       世論調査
  • 9715    トランスコスモス    世論調査
  • 3978    マクロミル       インターネット調査
  • 4326    インテージHD     インターネット調査
  • 3695    GMOリサーチ     インターネット調査
  • 4689    ヤフー         インターネット調査
  • 4324    電通          広告代理店・選挙広告
  • 2433    博報堂DYHD     広告代理店・選挙広告
  • 9747    アサツー ディ・ケイ  広告代理店・選挙広告
  • 4819    デジタルガレージ    ツイッター日本語版運営・政治活動
  • 9468    カドカワ        政治放送など
  • 9625    セレスポ        式典などの企画・運営 選挙後の祝賀会など
  • 2352    エイジア        ネット選挙関連
  • 6050    イー・ガーディアン   ネット選挙関連

選挙関連銘柄 本命株・出遅れ株

それでは選挙関連銘柄のなかでも特に本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

選挙関連銘柄 本命株 イムラ封筒

イムラ封筒のチャート画像

時価総額:6,749百万円
PER:(連) 17.05倍
PBR:(連) 0.52倍
≪2017/09/19時点≫

選挙関連銘柄で必ずといっていいほど名前があがるのはイムラ封筒だ。同社は封筒事業で業界首位の銘柄。選挙通知などが封筒に入って送られてくるため、官公庁などからの注文が大きく増える。選挙はイムラ封筒にとってまさにビジネスチャンス、特需といえるだろう。イムラ封筒は時価総額の規模も小さく値動きが軽い点も面白い。選挙関連銘柄本命と言えるのではないだろうか。

選挙関連銘柄 本命株 西尾レントオール

西尾レントオールのチャート画像

時価総額:102,676百万円
PER:(連) 12.90倍
PBR:(連) 1.34倍
≪2017/09/19時点≫

西尾レントオール選挙関連銘柄の中核銘柄として注目したい銘柄だ。西尾レントオールは建機レンタルを手掛ける企業だが、選挙時には拡声器・いす・テーブルなど、選挙用品の貸し出しビジネスも手掛けている。こちらも選挙時に恩恵を受ける銘柄の一角と言えるだろう。

ただし西尾レントオールは時価総額の規模は小粒というほどではない。値動きに関してはやや重めなので、短期スタンスの場合は少し面白みに欠けるかもしれない。

選挙関連銘柄 本命株 ムサシ

ムサシのチャート画像

時価総額:16,298百万円
PER:(連) 38.73倍
PBR:(連) 0.57倍
≪2017/09/19時点≫

ムサシ選挙関連銘柄本命視したい銘柄である。ムサシは情報・印刷機材の富士フイルム特約店で、投票用紙読み取り機や計数機などの選挙機器、投票箱のなかで自然に開く投票用紙などを手掛けている企業である。自社開発の選挙機材はダントツだ。こちらもまさに選挙で恩恵を受ける銘柄といえる。

ムサシも選挙時に必ずといっていいほど物色人気を集める銘柄なので、覚えておこう。また、ムサシは時価総額の規模も割と小粒。値動き妙味の観点でも非常に面白い銘柄だ。現状ではPBRが1倍以下で割安感もあるのも注目。

選挙関連銘柄 本命株 セレスポ

セレスポのチャート画像

時価総額:4,072百万円
PER:(単) 10.30倍
PBR:(単) 0.88倍
≪2017/09/19時点≫

セレスポも面白い選挙関連銘柄だ。セレスポは式典などの企画・運営を行っている企業である。選挙終了後に候補が当選した際の祝賀会などを手掛けることから選挙関連銘柄の一角として見られる。

セレスポは選挙関連銘柄の中でも、特に時価総額の規模が小さく値動きが軽い。値動き妙味の高さから短期資金に物色されがちなので、そういう意味では選挙関連本命株とも言えそうだ。

選挙関連銘柄 本命株 パソナグループ

パソナグループのチャート画像

時価総額:49,111百万円
PER:(連) 43.36倍
PBR:(連) 2.28倍
≪2017/09/19時点≫

人材派遣のパソナグループ。こちらは選挙の出口調査や世論調査のデータ入力・選挙受付などに人材を供給していることから、選挙関連銘柄とされる。時価総額の規模としては小粒とは言えないが、値動きが重いというほどでもない。こちらも選挙関連銘柄の一角として覚えておこう。

選挙関連銘柄 本命株 エイジア

エイジアのチャート画像

時価総額:5,454百万円
PER:(連) 23.47倍
PBR:(連) 4.10倍
≪2017/09/19時点≫

エイジア選挙関連銘柄本命株として注目したい。エイジアはメールを利用したクラウド型販売支援ソフトの開発・販売が主力の企業だが、「ネット選挙メール配信応援パック」というサービスを手掛けるネット選挙関連銘柄でもある。有権者にメルマガで主義主張や志を伝えること、また選挙公約や政策をより深く理解してもらうことなどに役立てられるサービスのようだ。

エイジアは時価総額の規模も小粒で、値動き妙味の面でも面白い銘柄だ。選挙時には注目しておきたい。

選挙関連銘柄 本命株 インテージHD

インテージHDのチャート画像

時価総額:57,377百万円
PER:(連) 20.34倍
PBR:(連) 2.47倍
≪2017/09/19時点≫

インテージホールディングスはマーケティング調査を手掛ける銘柄で、日本で唯一消費・販売の両パネル調査網を持つことで知られる。インテージHDは選挙の時にはインターネット世論調査を手掛けることから選挙関連銘柄として注目される。時価総額の規模は小粒ではないが、値動きはさほど重くもない。選挙における世論調査の需要からも、本命視する声もありそうだ。選挙時には必ず注目される銘柄なので注目しておくべきかもしれない。

選挙関連銘柄 本命株 マクロミル

マクロミルのチャート画像

時価総額:103,775百万円
PER:(連) 21.18倍
PBR:(連) 5.10倍
≪2017/09/19時点≫

マクロミルもマーケティング調査でインテージに並んで首位の銘柄だ。ネット調査に強みをもつ。マクロミルも選挙の時には世論調査を手掛けることから、こちらもドンピシャの選挙関連銘柄といえる。時価総額の規模はインテージよりも大きめなので、値動き妙味の面ではインテージに軍杯があがるかな。出遅れ選挙関連株として注目しておくのが妥当か!?

選挙関連銘柄 出遅れ株 アスクル

アスクルのチャート画像

時価総額:187,882百万円
PER:(連) 115.37倍
PBR:(連) 3.78倍
≪2017/09/19時点≫

オフィス用品を手掛けるアスクル選挙関連銘柄の一角として注目だ。アスクルは文具などのオフィス用品を取り扱うが、なかには「のぼり」や「メガホン」などの選挙用品も取り扱っていることから、かくれた選挙関連銘柄として注目される。

ただし、アスクルは時価総額がちょっと大きめ。値動き妙味という意味では、少し面白みに欠けるかもしれない。出遅れ銘柄的な存在として覚えておこう。

選挙関連銘柄 出遅れ株 TOA

TOAのチャート画像

時価総額:41,789百万円
PER:(連) 18.21倍
PBR:(連) 1.04倍
≪2017/09/19時点≫

音響設備やセキュリティカメラを手掛けるTOA。メガホンなどの拡声器を手掛けることから、こちらも選挙関連銘柄の一角として注目される銘柄だ。こちらもやや出遅れ気味の選挙関連銘柄として覚えておくとよいかもしれない。

選挙関連銘柄 出遅れ株 ゼンリン

ゼンリンのチャート画像

時価総額:129,883百万円
PER:(連) 46.20倍
PBR:(連) 3.04倍
≪2017/09/19時点≫

ゼンリンは住宅地図を唯一全国展開している企業で、地図情報では断トツの銘柄だ。選挙では候補者が選挙カーで担当地域をぐるぐると回るが、その際には最新の地図情報が必要で、ゆえに選挙時期には住宅地図がよく売れるそうだ。ただし、ゼンリンも時価総額の規模はやや大きめ。値動き妙味の面では本命とは言い難い。こちらも出遅れがちな選挙関連銘柄として覚えておこう。

選挙関連銘柄 出遅れ株 昭文社

昭文社のチャート画像

時価総額:13,597百万円
PER:(連) 136.00倍
PBR:(連) 0.72倍
≪2017/09/19時点≫

昭文社も地図を手掛ける銘柄だ。地図「マップル」が有名だな。こちらもゼンリン同様、選挙が地図購買の追い風になることから選挙関連銘柄の一角とされる。ゼンリンに比べ、時価総額の規模が小さいため値動きの軽さという面では妙味があるかもしれない。こちらも出遅れ選挙関連銘柄として覚えておこう。

選挙関連銘柄 出遅れ株 グローリー

グローリーのチャート画像

時価総額:273,180百万円
PER:(連) 19.58倍
PBR:(連) 1.36倍
≪2017/09/19時点≫

グローリーといえば硬貨・紙幣処理機が有名。また、パチンコ市場向けのカード装置などを手掛けることからパチンコ関連銘柄という印象だが、ここは選挙用の投票用紙分類機や投票用紙計数機などの選挙関連の機械も手掛けている選挙関連銘柄の一角だ。

ただ、グローリーはやや時価総額が重め。短期スタンスが基本の選挙関連銘柄としてみる場合、やや妙味に欠けるかもしれない。

【2017年09月19日(火)追記】

選挙関連銘柄 出遅れ株 りらいあコミュニケーションズ

りらいあコミュニケーションズのチャート画像

時価総額:92,092百万円
PER:(連) 23.41倍
PBR:(連) 1.96倍
≪2017/09/20時点≫

りらいあコミュニケーションズ出遅れ選挙関連銘柄として注目したい。りらいあコミュニケーションズは三井物産系で、電話やWebを使った顧客対応代行などを手掛ける。マーケティングリサーチやデータ分析も手掛けており、選挙時には世論調査・出口調査などを手掛けることから選挙関連銘柄として注目される。

りらいあコミュニケーションズは時価総額の規模はちょっと大きめなので、値動き妙味は他の銘柄の方が面白いかも。

選挙関連銘柄 本命株 イー・ガーディアン

イー・ガーディアンのチャート画像

時価総額:23,432百万円
PER:(連) 44.07倍
PBR:(連) 11.00倍
≪2017/09/20時点≫

イー・ガーディアン選挙関連銘柄中核銘柄として注目したい。イー・ガーディアンはSNS投稿等の目視監視やゲーム利用者の問い合わせ対応の代行業などを手掛ける企業だが、ネット選挙関連銘柄としても知られる銘柄だ。

インターネットを利用した選挙活動におけるセミナーなども手掛けており、ネット選挙関連としては割と知られる銘柄だと思う。イー・ガーディアンの時価総額規模は小粒とはいえないまでも、値動きが重いというほどでもない。妙味の面でも面白い銘柄だ。

選挙関連銘柄 まとめ

今後、選挙の投票のかたちが変わることはあるかもしれないが、選挙自体がなくなるということはないだろう。今後も定期的に選挙が行われる以上、選挙関連銘柄もその都度注目を浴びる。選挙関連銘柄本命株出遅れ株を抑えておくことは投資家にとって必須と言えるだろう。しっかり覚えておこう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月相場に突入しているが、今月は初っ端から波乱の展開だな!

8月中盤くらいから徐々に地政学リスクは後退しつつあると思ってたが、9月のアタマに北朝鮮がいきなり「6度目の核実験」を強行した。これにより一気に情勢不安が悪化しているな。

不安定な相場になりつつあるが、こういう時こそ注目すべきは「テーマ株」だと思う。

実際に9月アタマに北朝鮮が核実験を強行したことや電磁パルス攻撃に初めて言及したことを受けて「防衛関連銘柄」「電磁パルス関連銘柄」に物色が集中した。

まさに「不安定な相場で注目のテーマ株が買われた実例」と言える。

不安定な相場でも臨機応変に注目のテーマ株を追うことで、その都度都度で騰がる銘柄を見つけることは不可能ではないハズだ。

これから本格化していく9月相場において、次の注目テーマを追いたい人は以下の2サイトをチェックしておくことをオススメする。

株エヴァンジェリスト 業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。中国関連銘柄:ケアサービス(株価3.52倍)、カジノ関連銘柄:ピクセルカンパニーズ(+129.79%)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)など数え上げればキリがない。

おまけに4月の軟調相場の間隙を縫って爆発的に株価をあげたオービス(株価3.42倍)も動意づく前にズバリ読み当てている。

特にオービスには驚いた。ハッキリ言ってオービスなんて普段は出来高も少ないし、お世辞にも目立つ銘柄ではない。それを材料前にピンポイントで推奨するとは、当方には偶然には思えない。テーマ株だけでなく材料株に対する嗅覚も凄いと思う。

また、無料のメルマガ登録をすればすぐに「業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株」を配信してくれる。これ実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

とにかくここの推奨する銘柄は面白く火柱を立てて急騰するケースもある。株エヴァンジェリストは有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

新生ジャパン投資 経済対策28兆円の恩恵?ある材料とは

Ads by Cueinc.


「勝ち馬に乗りたい」
ならば新生ジャパン投資をオススメしたい。単純な話、ここは2016年にテーマ性を帯びた大化け銘柄をバンバン推奨してきたからだ。当方はここのテーマ株の選定眼を高く評価する。

ざっと書き出すとフィンテック・人工知能関連のSJIがおよそ2週間で株価5.1倍、バイオ関連のグリーンペプタイドがおよそ2ヶ月で株価5.0倍、人工知能(AI)関連の日本ラッドがおよそ2週間で株価2.8倍、人工知能(AI)関連のロゼッタがおよそ2ヶ月で株価2.0倍、越境EC関連・アプリ関連のブランジスタがおよそ1ヶ月で株価2.5倍などなど数え上げればキリがないのでこの辺にしておくが、株価5倍レベルの大化け推移を複数当てているのは見事の一言だ。

それに改めてみると上記のどの銘柄もテーマ性を強く帯びた銘柄ばかり。2017年はテーマ性が強く意識される相場でもあると思う。ならばここは見ておくべき。

それと、ここは無料のメルマガ登録をすることですぐに「実力を証明するために無料情報を教えてくれる」のだが、この無料情報の触れ込みもかなり興味深い。こんなことが書いてるのだ。

今回実力証明のため無料で推奨させて頂く銘柄はアベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄です。

2016年、数々の大化け銘柄を推奨してきたサイトだし、今回の触れ込みも非常に面白そうだ。2017年、当方は新生ジャパンに注目する。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ