ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ

この記事の関連カテゴリー
テーマ株, ノーベル賞関連銘柄, 最新注目銘柄速報

》》黙って登録すべき投資顧問《《

【2017年09月11日(月)投稿】

※このページは最後に2017/10/03(火)に追記・更新しました。

ノーベル賞のイメージ画像

さぁそろそろ2017年ノーベル賞の発表時期が近付いてきたな。

毎年10月はノーベル賞の発表シーズンで、例年10月前(8月~9月頃)にはノーベル賞関連銘柄に物色が集まる。2017年もそろそろノーベル賞関連銘柄に注目しておくべき時期と言えるだろう。

と、いうことでこのページでは2017年 ノーベル賞関連銘柄について本命株出遅れ株 一覧をわかりやすく詳しくまとめていく。

ノーベル賞関連銘柄(2016年) 本命株・出遅れ株 まとめはコチラにまとめてある≫

ノーベル賞関連銘柄(2017年)とは

ノーベル賞とはダイナマイトの発明者「アルフレッド・ノーベル」の遺言に従い始まった世界的な賞。

  • 物理学賞
  • 化学賞
  • 生理学・医学賞
  • 文学賞
  • 平和賞
  • 経済学賞

ノーベル賞は上記の「5分野+1分野」のカテゴリで、それぞれの分野で大きな功績を残した人物に贈られる世界的に名誉ある賞である。

ノーベル賞関連銘柄とはその名の通り、毎年10月に発表されるノーベル賞に関連する銘柄の総称である。特に日本人がノーベル賞を受賞した時(受賞する可能性が指摘されている時点から)には関連銘柄が大いに盛り上がる傾向にある。

昨年(2016年)には東京工業大の「大隅良典(おおすみよしのり)」栄誉教授が「オートファジー(自食作用)」を解明したことによってノーベル賞(生理学・医学賞)を受賞し、オートファジー関連銘柄が注目された。

オートファジー関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧はコチラ≫

その他、特に印象深いのは2012年に山中伸弥京都大学教授が「iPS細胞」でノーベル賞(生理学・医学賞)を受賞したことではないだろうか。山中教授がiPS細胞でノーベル賞を受賞したことがきっかけで、空前のバイオ関連株バブルが訪れたと言っても過言ではない。

バイオ関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧はコチラ≫

このようにノーベル賞を日本人が受賞した年にはノーベル賞関連銘柄はおおいに盛り上がる傾向にある。しかも2014年、2015年、2016年とすでに3年連続で日本人がノーベル賞を受賞している。2017年も日本人のノーベル賞受賞に期待したい。

2016年 ノーベル賞関連銘柄 本命株・出遅れ株 まとめはコチラにまとめてある≫

ノーベル賞(2017年) 日本人有力候補

それでは2017年ノーベル賞で有力候補としてみられている日本人をピックアップしてみよう。

ノーベル化学賞候補:旭化成顧問「吉野彰(よしのあきら)」氏 リチウムイオン二次電池を開発

2017年のノーベル賞において日本人受賞者の有力候補とみられているのはノーベル化学賞の受賞候補者で「リチウムイオン二次電池」を開発した旭化成顧問「吉野彰」氏という見方が多いようだ。

リチウムイオン二次電池とは繰り返し充電して使える電池で、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのデジタル機器などには大体使われているもの。近年のデジタル機器の普及により需要は急速的に拡大している。

また、リチウムイオン二次電池は最近話題のEV(電気自動車)の動力源としても活用されることから、環境問題に関心の高い欧米で再評価されていることも、リチウムイオン二次電池2017年ノーベル賞有力候補の理由の一つと言える。

ノーベル生理学・医学賞候補:京都大学名誉教授「本庶佑(ほんじょたすく)」氏 免疫細胞を抑制するPD-1を発見

京都大学名誉教授の「本庶佑(ほんじょたすく)」氏も2017年 ノーベル賞有力候補と言えるだろう。本庶佑教授が発見したのは免疫細胞を抑制する働きをする「PD-1」という物質で、小野薬品工業のがん免疫治療薬「オブジーボ」に活用される物質である。

オプジーボは非常に高額であることが社会問題化しているが、非常に高い効果が見込めることで注目される。

ノーベル生理学・医学賞候補:大阪大学特任教授「坂口志文(さかぐちしもん)」氏 制御性T細胞を発見

制御性T細胞を発見した大阪大学特任教授の「坂口志文(さかぐちしもん)」氏も2017年 ノーベル賞有力候補と言える。

体内の異物を排除する「免疫」という機能は人体にとって非常に大切な機能であるが、過剰に反応してしまう人体に悪い影響を与えてしまうこともある。制御性T細胞とは、そんな免疫の過剰な反応を抑制する機能があることを発見した方である。制御性T細胞は、今後の研究で花粉症などのアレルギーなどの治療などに役立てられる可能性がある。

その他 ノーベル賞(2017年) 日本人候補者

上記の方の他にも2017年 ノーベル賞候補とみられる方もピックアップしてみよう。

「物理学賞」候補者

東京工業大学 細野 秀雄教授
鉄系の超電導体を発見。リニアモーターカーに代表される超電導技術に革命をもたらした人物

理化学研究所 創発物性科学研究センター センター長 十倉 好紀氏
強磁性、強誘電性などを同時に複数有する物質である、新しいマルチフェロイック物質を発見。

東北大学 電気通信研究所長 中沢 正隆氏
世界中の高速光ファイバー通信網を支える、エルビウム添加ファイバー増幅器を開発。

東北大学 電気通信研究所 大野 英男教授
磁石の性質を持つ半導体を開発。

「生理学・医学賞」候補者

東北福祉大学特任教授 小川 誠二氏
病院で診断に使われるMRI装置の基本原理を発見。

京都大学大学院理学研究科 森 和俊教授
小胞体内変性タンパク質の検出と、その修復によるメカニズムを発見した人物

理化学研究所 多細胞システム形成研究センター特別顧問 竹市 雅俊氏
細胞同士をくっつける物質『カドヘリン』を発見。

「化学賞」候補者

名城大学 飯島 澄男 終身教授
炭素で構成されており、ダイヤモンドの2倍の硬さをもち、アルミニウムの半分の軽さで、銅の1000倍も電気を通しやすい特徴をもっていると言われる、「カーボンナノチューブ」を発見した人物

九州大学高等研究院 特別主幹教授 新海 征治氏
機械のような機能を分子にも持たせようという概念の分子機械のパイオニアです。

京都大学大学院 工学研究科 北川 進 教授
地球温暖ガスの二酸化炭素を効率よく吸着する『多孔性金属錯体』の合成方法発見。

東京理科大学学長の 藤嶋 昭氏
鏡の曇りどめなど幅広く使われている、酸化チタン光触媒で医療機器の衛生面の向上。

首都大学東京教授の 春田 正毅氏
金は触媒に使えないという常識を覆し、新たな触媒の世界を切り開く。

世界が注目するクリスパー・キャスナイン(ゲノム編集技術)

その他、世界の科学者がノーベル賞受賞に近いとみるのがクリスパー・キャスナインと呼ばれるゲノム編集技術である。クリスパー・キャスナインという遺伝子改変技術はDNAの狙った箇所をピンポイントで編集することが可能であり、エイズなどの難病の究明や家畜の改良など、様々な分野での役立てられると期待されている技術である。

もしもクリスパーキャスナインがノーベル賞に選ばれた場合、ゲノム編集技術が脚光を浴びる可能性がある。その場合、日本のゲノム編集関連銘柄にも買いが集中する可能性は十分あるだろう。ゲノム編集関連銘柄2017年ノーベル賞関連銘柄の一角といえるかもしれない。

ゲノム編集関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめはコチラ≫

ちなみに、このクリスパーキャスナインの技術のもととなる「クリスパー」と呼ばれる遺伝子配列を発見したのは九州大学教授の「石野吉純」氏という日本人の方のようだ。ただし、クリスパーキャスナインがノーベル賞に選ばれたとしても石野氏が受賞するかどうかはわからない。

2017年 ノーベル賞の発表日程

2017年ノーベル賞受賞発表日程は以下の通りである。

  • 医学生理学賞:2017年10月02日(月)
  • 物理学賞  :2017年10月03日(火)
  • 化学賞   :2017年10月04日(水)
  • 平和賞   :2017年10月06日(金)
  • 経済学賞  :2017年10月09日(月)
  • 文学賞   :未定

2017年 ノーベル賞関連銘柄 一覧

  • 4974    タカラバイオ
  • 3386    コスモ・バイオ
  • 7707    プレシジョン・システム・サイエンス
  • 3777    ジオネクスト
  • 2342    トランスジェニック
  • 2160    ジーエヌアイグループ
  • 2191    テラ
  • 4557    医学生物学研究所
  • 4564    オンコセラピー・サイエンス
  • 4582  シンバイオ製薬
  • 2397    DNAチップ研究所
  • 4572    カルナバイオサイエンス
  • 7774    ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
  • 2931    ユーグレナ
  • 4571    ナノキャリア
  • 4585    UMNファーマ
  • 4576    デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
  • 4570    免疫生物研究所
  • 2191    テラ
  • 4586    メドレックス
  • 2395    新日本科学
  • 2531    宝ホールディングス
  • 2370    メディネット
  • 8086    ニプロ
  • 4575    キャンバス
  • 4579    ラクオリア創薬
  • 7777    スリー・ディー・マトリックス
  • 4978    リプロセル
  • 4584    ジーンテクノサイエンス
  • 4565    そーせいグループ
  • 4406    新日本理化
  • 6340    澁谷工業
  • 4524    森下仁丹
  • 4369    トリケミカル研究所
  • 4583    カイオム・バイオサイエンス
  • 4594    グリーンペプタイド
  • 4503    アステラス製薬
  • 4574    大幸薬品
  • 4519    中外製薬
  • 4502    武田薬品工業
  • 4581    大正製薬ホールディングス
  • 4528    小野薬品工業
  • 4098    チタン工業
  • 4027    テイカ
  • 4028    石原産業
  • 9978    文教堂グループホールディングス

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株・出遅れ株

それではノーベル賞関連銘柄(2017年)のなかでも本命視されそうな銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株 チタン工業

チタン工業のチャート画像

時価総額:8,901百万円
PER:(単) 58.92倍
PBR:(単) 1.56倍
≪2017/09/11時点≫

チタン工業は近年、毎年ノーベル賞の受賞発表シーズンに動意づくノーベル賞関連銘柄本命株だ。チタン工業は酸化チタン光触媒に関連する銘柄。光触媒とは光の力をつかって、自らは何も変化することなく周りのものに化学反応を与える触媒物質。代表的な光触媒物質が酸化チタンである。酸化チタンは具体的には、ガラスの曇り止めだったり、防菌だったり、いろいろなモノに広く使われる。

酸化チタン光触媒のドンピシャ銘柄だし、さらにチタン工業はリチウムイオン電池向けにチタン酸リチウムを提供していることからも注目される。2017年のノーベル賞ではリチウムイオン二次電池が有力候補とみられることから、さらに注目度が高まっていると言えるだろう。

チタン工業は時価総額の規模も小粒で値動き妙味の観点でも面白い。2017年ノーベル賞関連銘柄としては本命視したい一角と言えるだろう。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株 テイカ

テイカのチャート画像

時価総額:48,292百万円
PER:(連) 10.51倍
PBR:(連) 1.10倍
≪2017/09/11時点≫

テイカもチタン工業同様、近年では毎年ノーベル賞関連銘柄として注目される銘柄。テイカも酸化チタン光触媒に関連する銘柄だ。テイカは光触媒などの新事業を育成しているようだし、面白いノーベル賞関連銘柄と言える。チタン工業より時価総額の規模が大きいので、値動き妙味の観点ではやや分が悪いかもしれないが。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株 石原産業

石原産業のチャート画像

時価総額:58,961百万円
PER:(連) 24.32倍
PBR:(連) 0.87倍
≪2017/09/11時点≫

石原産業は酸化チタン大手でチタン工業、テイカと同様にノーベル賞関連銘柄として注目だ。こちらはテイカよりも少し時価総額の規模が重め。値動き妙味の観点ではチタン工業に分がありそうだ。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株 小野薬品工業

小野薬品工業のチャート画像

時価総額:1,399,734百万円
PER:(連) 43.23倍
PBR:(連) 2.45倍
≪2017/09/11時点≫

小野薬品工業はがん免疫薬「オプジーボ」を手掛ける企業で、がん関連銘柄として注目される銘柄だ。前述の通り、2017年のノーベル賞では免疫細胞の働きを抑制する作用のある分子「PD-1」を発見した京都大学の「本庶佑(ほんじょたすく)」氏が有力候補とみられている。

小野薬品工業の「オプジーボ」は「PD-1」の機能を活用した薬であることから、ノーベル賞関連銘柄の本命株として注目される。

ただ、小野薬品工業は時価総額の規模も巨大。値動き妙味の面ではやや面白みに欠けるものの、中長期でも押し目を拾えれば面白い銘柄と言えるかも?当方は注目している。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株 コスモ・バイオ

コスモ・バイオのチャート画像

時価総額:7,518百万円
PER:(連) 32.04倍
PBR:(連) 1.14倍
≪2017/09/11時点≫

毎年、ノーベル賞関連銘柄として注目される銘柄といえばコスモバイオではないだろうか?2016年は東京工業大の栄誉教授「大隅良典」氏がオートファジーでノーベル賞を受賞した際にもコスモバイオは動意づいた。コスモバイオはオートファジーの関連試薬を手掛けていることからオートファジー関連銘柄でもあるからだ。

また2017年はクリスパーキャスナインと呼ばれるゲノム編集技術がノーベル賞の有力候補とされていることから、コスモバイオにも注目したい。

コスモバイオはゲノム編集のツール「CRISPR/Cas9システム」を手掛け、また他にもゲノム編集の受託サービスなども手掛けるゲノム編集関連銘柄でもあるからだ。

コスモバイオは時価総額の規模も小粒で値動き妙味としても面白みのある銘柄。当方はコスモバイオを2017年のノーベル賞関連銘柄の本命株として注目する。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株 タカラバイオ

タカラバイオのチャート画像

時価総額:176,288百万円
PER:(連) 95.31倍
PBR:(連) 3.01倍
≪2017/09/11時点≫

タカラバイオもコスモバイオと並び、毎年ノーベル賞関連銘柄として注目される銘柄だ。タカラバイオもオートファジーの研究に用いる製品を販売していることから、2016年に「大隅良典」教授がオートファジーでノーベル賞を受賞した際に動意づいた経緯がある。

2017年のノーベル賞関連銘柄として本命株に挙げたのは、タカラバイオもゲノム編集関連銘柄の一角だからだ。タカラバイオはゲノム編集技術に関連する受託サービスを中国と日本で手掛けている企業。また2014年には米国ブロード研究所より、ゲノム編集に関する特許ライセンスを取得していることも面白い材料。

タカラバイオはコスモバイオよりも時価総額の規模が大きいため、値動き妙味の面では少し面白みに欠けるものの注目したいノーベル賞関連銘柄である。

【2017年09月13日(水)追記】

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株・出遅れ株 トランスジェニック

トランスジェニックのチャート画像

時価総額:8,892百万円
PER:(連) 79.58倍
PBR:(連) 2.66倍
≪2017/09/13時点≫

バイオ関連銘柄のトランスジェニックも2017年のノーベル賞関連銘柄の一角として注目したい。トランスジェニックはオートファジーをモニタリングする「トランスジェニックマウス」の作製受託サービスを手掛けており、昨年のノーベル生理学・医学賞を受賞したオートファジー関連銘柄としても注目された銘柄だ。

トランスジェニックは2015年04月に米国ブロード研究所よりゲノム編集技術(CRISPR/Cas9)に関する 特許群の非独占実施許諾を取得しているゲノム編集関連銘柄でもある。2017年のノーベル賞はゲノム編集技術が有力候補とみられていることから、2017年も引き続きノーベル賞関連銘柄として注目したい。

トランスジェニックは、時価総額の規模も小粒で値動き妙味も軽い。値動きの観点からもノーベル賞関連銘柄本命株として注目だ。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 本命株・出遅れ株 シンバイオ製薬

シンバイオ製薬のチャート画像

時価総額:11,267百万円
PER:(単) —倍
PBR:(単) 2.62倍
≪2017/09/13時点≫

シンバイオ製薬2017年ノーベル賞関連銘柄の一角として注目だ。シンバイオ製薬は2016年のノーベル賞関連銘柄としてもピックアップした銘柄だ。

2016/09/21に米調査会社のトムソン・ロイターがノーベル賞候補者24人を発表し、その中に熊本大学名誉教授で崇城大学DDS研究所・特任教授の前田浩氏がんに薬剤を集める「EPR効果」を見つけたことが評価されノーベル化学賞の候補として挙げられたことが話題になった。結果的にEPR効果は2016年のノーベル化学賞を受賞することはなかったものの、引き続き今後のノーベル化学賞有力候補として注目される。

この前田浩氏はシンバイオ製薬のシニアアドバイザーになっていることから、シンバイオ製薬は注目を集めた。2017年もシンバイオ製薬ノーベル賞関連銘柄として注目だ。

ちなみにシンバイオは時価総額の規模も大きくなく値動き妙味の面でも面白い。今後の値動きにも注目。

ノーベル賞関連銘柄(2017年) 穴株 文教堂グループホールディングス

文教堂HDのチャート画像

時価総額:7,955百万円
PER:(連) 158.66倍
PBR:(連) —倍
≪2017/09/13時点≫

毎年、ノーベル賞の受賞発表シーズンに動意づく銘柄として文教堂グループホールディングスにも注目したい。

文教堂グループHDは書店チェーンの大手で、ノーベル文学賞の関連銘柄だ。ノーベル文学賞が発表されると、その書籍が売れることから書店大手の文教堂グループに毎年注目が集まるという寸法。ただ、最近は書籍もアマゾンなどの通販で購入する人が多いからな。ノーベル文学賞の発表が文教堂の業績にどこまでインパクトを与えるのかはちょっとよくわからない。まぁ株は連想で騰がってしまうものという典型例と言えるのでは?

文教堂はノーベル賞関連本命株とはいえないかもしれないが、押し目で拾うなら面白そう。穴株といったところか。

2017年 ノーベル賞関連銘柄 まとめ

ノーベル賞の発表シーズンは毎年10月にあることから、8月~9月にかけてノーベル賞関連銘柄はジリジリと株価を伸ばしていく傾向にある。毎年、同時期に動意づく重要テーマ株なので、毎年しっかりチェックしておくことが大切だ。

2017年 ノーベル生理学・医学賞は体内時計研究の米国3氏が受賞【2017年10月03日(火)追記】

2017年10月02日にノーベル生理学・医学賞が発表されたようだ。残念ながら日本人の受賞はならず。2017年のノーベル生理学・医学賞を受賞したのは体内時計」のメカニズムを発見した米国研究者「メイン大学のジェフリー・ホール氏」「ブランダイス大学のマイケル・ロスバッシュ氏」「ロックフェラー大学のマイケル・ヤング氏」だ。

こちらの3氏はショウジョウバエを使った実験で植物・動物・人間が地球の自転に合わせて体内のリズムを作り出すという「体内時計」を制御する分子の機能を発見したとのこと。

3年連続で日本人のノーベル生理学・医学賞の受賞がならなかったのは残念だが、この研究も確かに凄い功績だ。もし「体内時計」に関連する日本株があれば追記していきたい。

2017年 ノーベル物理学賞は重力波の検出に成功した米国3氏が受賞【2017年10月03日(火)追記】

2017年10月03日にはノーベル物理学賞の受賞発表があった。こちらも残念ながら日本人の受賞ならず。2017年のノーベル物理学賞を受賞したのは、世界で初めて重力波の検出に成功した米マサチューセッツ工科大学名誉教授「レイナー・ワイス」氏ら3氏のようだ。

重力波は重い天体が移動する時、その重力の影響で生じた空間のゆがみがさざ波のように周囲へ伝わっていく現象のことで、アインシュタインが相対性理論で100年前に存在を提唱していたようだが、直接観測したのは今回の受賞者が初めてのようだ。

重力波の観測により新たな天文学の道を開いた功績は大きいと言えるだろう。

2017年のノーベル物理学賞を受賞した「重力波」は関連銘柄があるので、まとめておいた。チェックしておこう。

重力波関連銘柄 本命株・出遅れ株 一覧 まとめ≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さぁいよいよ10月相場だ!

思えば9月相場は地政学リスクの悪化やら衆院解散総選挙決定など波乱の展開だったが、中盤以降からは日本株も回復傾向で投資家心理も悪くない状況だ。

それにこれから10月はノーベル賞の受賞発表解散総選挙など株式市場に影響を与えるイベントも盛りだくさん。今後、10月相場に向けて仕込む銘柄を探している方も多いだろう。

当方は10月相場も注目すべきはテーマ株だと思う。

9月相場は不安定な波乱相場だったが、それでも防衛関連銘柄量子コンピューター関連銘柄ノーベル賞関連銘柄などテーマ性の濃い銘柄は根強く買われた。

波乱相場においても注目のテーマ株は強いという実例だ。

今後も臨機応変に注目のテーマ株を追うことで、その都度都度で騰がる銘柄を見つけることは不可能ではないハズだ。

今後の相場において、次の注目テーマを追いたい人は以下の2サイトをチェックしておくことをオススメする。

株エヴァンジェリスト 業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株を即おしえてくれる≫

Ads by Cueinc.


株エヴァンジェリストは当方が今もっとも注目するサイト。ここはみておくべきだ。ここは2016年11月にオープンした新しい投資顧問だが、正直かなり面白い。勢いもある。ガンガン会員も増えているのではないだろうか。

当方は株エヴァンジェリストを「テーマ株・材料株に特化したサイト」だと思っている。

ここがこれまでに読み当てているテーマ株・材料株のラインナップは凄いぞ。中国関連銘柄:ケアサービス(株価3.52倍)、カジノ関連銘柄:ピクセルカンパニーズ(+129.79%)、アプリ関連銘柄:サイバーステップ(株価3.56倍 4日連続S高)など数え上げればキリがない。

おまけに4月の軟調相場の間隙を縫って爆発的に株価をあげたオービス(株価3.42倍)も動意づく前にズバリ読み当てている。

特にオービスには驚いた。ハッキリ言ってオービスなんて普段は出来高も少ないし、お世辞にも目立つ銘柄ではない。それを材料前にピンポイントで推奨するとは、当方には偶然には思えない。テーマ株だけでなく材料株に対する嗅覚も凄いと思う。

また、無料のメルマガ登録をすればすぐに「業績寄与度の高いテーマ性を持った有望株」を配信してくれる。これ実際に当方も2016年11月に配信してもらったのだが、そのテーマ株は配信から7営業日で株価1.5倍の火柱急騰となった。

とにかくここの推奨する銘柄は面白く火柱を立てて急騰するケースもある。株エヴァンジェリストは有名な女性アナリスト「向後はるみ」さんを助言者に迎えている点などもオススメポイントの一つではあるが、この際そんなことは置いておく。

「テーマ株・材料株に注目するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」

株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。

株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

新生ジャパン投資 経済対策28兆円の恩恵?ある材料とは

Ads by Cueinc.


「勝ち馬に乗りたい」
ならば新生ジャパン投資をオススメしたい。単純な話、ここは2016年にテーマ性を帯びた大化け銘柄をバンバン推奨してきたからだ。当方はここのテーマ株の選定眼を高く評価する。

ざっと書き出すとフィンテック・人工知能関連のSJIがおよそ2週間で株価5.1倍、バイオ関連のグリーンペプタイドがおよそ2ヶ月で株価5.0倍、人工知能(AI)関連の日本ラッドがおよそ2週間で株価2.8倍、人工知能(AI)関連のロゼッタがおよそ2ヶ月で株価2.0倍、越境EC関連・アプリ関連のブランジスタがおよそ1ヶ月で株価2.5倍などなど数え上げればキリがないのでこの辺にしておくが、株価5倍レベルの大化け推移を複数当てているのは見事の一言だ。

それに改めてみると上記のどの銘柄もテーマ性を強く帯びた銘柄ばかり。2017年はテーマ性が強く意識される相場でもあると思う。ならばここは見ておくべき。

それと、ここは無料のメルマガ登録をすることですぐに「実力を証明するために無料情報を教えてくれる」のだが、この無料情報の触れ込みもかなり興味深い。こんなことが書いてるのだ。

今回実力証明のため無料で推奨させて頂く銘柄はアベノミクス史上最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄です。

2016年、数々の大化け銘柄を推奨してきたサイトだし、今回の触れ込みも非常に面白そうだ。2017年、当方は新生ジャパンに注目する。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫

上記顧問サイトの利用方法

利用するのはカンタンだ。
用意するのはメールアドレスひとつのみ。パソコンでもスマホ(携帯)でもどちらもでもOKだ。

手順は以下の通り。

  • 無料のメルマガ登録をする
  • すぐに無料の銘柄情報を配信してくれる
  • その後はメルマガなどで無料情報が定期的に配信される

※有料情報もあるが、基本的に無料で使える。

無料でバンバン銘柄情報を教えてくれるので、情報収集の一環として無料登録しておくことをオススメする。もちろん必要ないと思ったらすぐに退会できるので安心だ。

新生ジャパン投資の無料情報をみる≫
株エヴァンジェリストの無料情報をみる≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

優良or悪徳?!投資顧問の口コミページはコチラ!!

ポチを頼む!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村

仕手株 ブログランキングへ

仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド 仕手株ツウ御用達 銘柄選びガイド

 

尚、当ブログでは個別の注目銘柄を挙げているが、あくまで管理人個人が「注目している」程度のものであり、個別銘柄への投資を推奨するものでは無い。投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。

 

コメントを残す

クチコミを投稿する際の注意点

  • 事実と異なる投稿
  • 個人に対する誹謗中傷
  • URLを含む広告の投稿
  • 有料情報やメルマガの転載等、営業妨害に該当する可能性のある投稿

上記に該当すると判断した場合、投稿を削除させて頂きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ