オススメ投資顧問

『 オススメ投資顧問』の最新記事

オススメ投資顧問に関するまとめ、最新情報、最新記事の一覧

【グラーツ投資顧問】2017年1~11月が脅威の平均勝率を叩き出す!!412銘柄中307銘柄が30日以内に+10%上昇達成!!中には株価4倍超えも!!

さて、いよいよ4月相場に突入しているな。最近は外部環境とか政権支持率の低下とかの影響もあり、乱高下の激しい展開に悩まされたが、4月は株高アノマリーがある月間。ちなみに4月というのは過去10年間に渡り、海外投資家が100%買い越しているモンスター月間らしい。これまでの反動からも上昇相場に期待したいところだ。

RPA出遅れ株「クレオ」も先取り→当日S高!!さらに6連S高銘柄も→4月の新年度相場にくるテーマは?!

いよいよ4月相場に突入だ。2月、3月と乱高下が激しく軟調だった相場が続いたが、米中貿易摩擦などの外部環境も落ち着きつつあり、また国内でも森友問題がひと段落すれば4月の新年度相場では反転上昇する可能性も十分ありそうだ。

4月相場へ突入!!アベノミクス市場最大、経済対策28兆円の恩恵を最も受けると予測される「ある材料」により大化けする可能性を秘めた銘柄とは?

さぁいよいよ4月相場に突入しようとしているな。3月相場はかなり乱高下の激しい展開が続いたが、後半は外部環境も少し落ち着き、国内の政治不安なども後退しつつあるようで日本株も回復基調。4月相場は「新年度相場」でもあるし、株高アノマリーもある月間。

日経平均-900円超の暴落相場のなかでも「逆行高テーマ株」を推奨していた模様。さぁ次はどのテーマがくるか?!

先週末は日経平均株価が終値ベースで「前日比-974.13円」と大幅に下落する場面を見せたが、皆さん大丈夫だっただろうか。下落の大きな要因はやはり外部環境のようだ。

「イチかバチか」の投資ではなく「投資すべき理由がある株」にこそ投資すべき。

いきなりだが皆様はどうやって「銘柄選び」をしているだろうか?「業績」や「割安感」を重視するのか、それとも「材料」や「テーマ性」を重視するのか。まぁもちろん投資スタンスによっても変わるものだし一概には言えないだろうが、共通して言えるのは

波乱相場の3月だけでヤーマン・鎌倉新書・RSC・シノケン・パーソルなど急騰銘柄たくさんでてるらしい

3月相場は引き続き波乱相場が続いている。政権不安なども影響しているようだが、これが落ち着けば新年度相場へ向けて買いの勢いが強くなるかもしれない。だが、今のところは少し難解な展開が続いているので、銘柄選びにも迷っている人も多そうだ。

大化け株を材料前日に先取り→連続S高で株価2倍!!今は『アク抜け間近大化け候補銘柄』を公開中

最近は安倍政権の支持率も低下するなど、政治不安の要素もでてきたようでなおのこと波乱相場に拍車がかかっているように感じる。少し雲行きが怪しいが、そろそろ4月の新年度相場へ向けて買いの勢いも強まる可能性もあるだろうし、しっかりと反転のチャンスは見極めたいところだ。

直近で「6連ストップ高のテーマ株」を先取り実例アリ。仮想通貨・無人レジ・RPA関連…じゃあ次のテーマは?!

3月もそろそろ後半戦だが、まだ乱高下の激しい展開が続いているな。だが、3月も中盤を過ぎてそろそろ4月の新年度相場が意識される時期になりつつある。もしかするとこれから流れが変わる可能性もあるかもな。アノマリー的に4月相場は買われやすいしそろそろ「底打ち」に期待したいところだ。

ブロックチェーンの出遅れ株「マネーフォワード」を動意づく前に先取りしててビックリした。

3月相場も中盤だが日本株は方向感の出にくい展開が続いているな。森友学園問題などで政権への不安などが出てきていることも影響しているのだろうか。まぁ全体的には少し軟調気味な相場だが「旬なテーマ株」には割と買いが入っている。

無料銘柄の推移が凄すぎる→運営開始してからの8カ月間で無料情報の平均勝率7割!!もうここだけみてればいい気がしてくる…

2018年の株式市場はかなり乱高下の激しい展開が続いているようだが、そろそろ4月の新年度相場に向けて相場状況が好転してくる可能性に期待したいところだ。直近の2月~3月の波乱相場はおもに海外市場の影響や為替相場の影響が大きいようだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ